review

北川景子「家売るオンナの逆襲」史上最も感情的なサンチー「浮気をやめていただけないでしょうか」8話

       
「浮気をやめていただけないでしょうか」
仕事モードのときとは全然違う妻の顔で、三軒家は直談判した。不器用な彼女は、こういうときに直球で行く。

さらに、もっと行く。
「私が愛しているのは課長だけです!」
相変わらずのポーカーフェイスかと思いきや、泣き出しそうな表情の三軒家。浮気してほしくないから、必死に愛を訴えている。三軒家史上、最も感情的な三軒家。しまいには、三郷のマネをして目をパチクリさせたり……。4分間まばたきしないでも大丈夫な北川景子なのに!

三郷と食事へ行ったことはあるが、断じてラブホには行っていない屋代。弁解する姿は、情けなかった。でも、逃げずに妻の訴えに向き合い、寄り添って諭した。
「相手の人の気持ちは置いといて、僕たちはお互いを信じよう。僕らは夫婦なんだから」(屋代)

まっすぐに「愛しています」と三軒家は言ってきたのに、屋代の対応は少し歯がゆい。そういえば、三郷には「僕、妻を愛してるんです!」と言っていた。なら、本人に言ってあげればいいのに!
とにかく、屋代はこうして浮気疑惑から“卒業”し、三郷の呪縛から解き放たれた。なんだかんだ、ラブラブな夫婦である。

庭野の苦悩だけでなく、三軒家と屋代の関係に焦点を当てた今回。これ、『家売るオンナの逆襲』の1つの特徴だと思う。前作『家売るオンナ』は主に客の内面を深く掘り下げていたが、今作は主要キャラが自身を見つめ直している。
となると、今後気になるのは三軒家から卒業できていない留守堂しかいないだろう。手をつないで帰る三軒家と屋代を見つめる留守堂の様子は、あからさまに不穏だった。
(寺西ジャジューカ)

『家売るオンナの逆襲』
脚本:大石静
主題歌:斉藤和義「アレ」(スピードスターレコーズ)
音楽:得田真裕
チーフプロデューサー:西憲彦
プロデューサー:小田玲奈、柳内久仁子(AXON)
協力プロデューサー:水野葉子
演出:猪股隆一、久保田充 他
制作協力:AXON
製作著作:日本テレビ
※各話、放送後にHuluにて配信中

あわせて読みたい

北川景子のプロフィールを見る
レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「北川景子」に関する記事

「北川景子」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「北川景子」の記事

次に読みたい「北川景子」の記事をもっと見る

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年3月6日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。