review

「新幹線変形ロボ シンカリオン」池添隆博監督の狙い「新幹線好きな少年にかなり一点集中で作った」

       
日本全国の新幹線をモデルにした変形ロボット「シンカリオン」と、それを運転する子供たちの活躍を描いたテレビアニメ『新幹線変形ロボ シンカリオン』
2018年1月の放送スタート以降、子供たちだけでなく、大人のアニメファンからも高い支持を集めてきた人気作もいよいよクライマックス!
来週3月30日(土)に放送される第64話で、「キトラルザス決戦編」が終了。主人公の速杉ハヤトをはじめとした新幹線超進化研究所の人々と、「地の底より這い上がりし種族」であるキトラルザスの未来をかけた戦いが一つの結末を迎える。
「新幹線変形ロボ シンカリオン」池添隆博監督の狙い「新幹線好きな少年にかなり一点集中で作った」
第1話〜第16話収録の『新幹線変形ロボ シンカリオンBlu-ray BOX 1』が発売中。パッケージにはシンカリオン運転士の速杉ハヤト、男鹿アキタ、大門山ツラヌキと、ハヤトの乗る「E5はやぶさ」が

そこでエキレビ!では、アニメの制作現場を牽引してきた池添隆博監督にインタビュー。アニメ化プロジェクトスタート時から、クライマックスまでの制作秘話を、前後編の2部構成で語ってもらった。

緑や赤や青の新幹線があることも知りませんでした


──『新幹線変形ロボ シンカリオン』というプロジェクトは、テレビアニメの放送が始まる以前から、玩具やWEB動画という形で展開されていました。池添監督がテレビアニメの監督としてのオファーを受けた時、『シンカリオン』という題材に対して、特に魅力的だと感じた点を教えてください。

池添 まずは、新幹線がリアルなロボットになるというところですね。昔、小さなロボットになる『ヒカリアン』(『超特急ヒカリアン』『電光超特急ヒカリアン』)という作品はあったのですが、リアルなサイズ感でロボットになるのは、たぶん初めてだったはず。人間と本物の新幹線の大きさの対比も、そのままリアルに描けるところが良いなと思いました。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年3月23日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。