review

最終話「フルーツ宅配便」「誰も助けられなかったって言ってたでしょう。そんなことないよ」続編を熱望する

3月29日(金)深夜放送のドラマ24『フルーツ宅配便』(テレビ東京)。最終話は、白石和彌が監督を、沖田修一、是安祐が演出スタッフを務めた。

悪徳店からデリバリーヘルス店「フルーツ宅配便」に移籍したえみ(仲里依紗)は、借金を返済する目処もつき、少しずつ明るさを取り戻していた。そんなとき、えみの中学の同級生でフルーツ宅配便の店長・咲田(濱田岳)に元上司から東京で働かないかと誘いがあった。えみは、普通の仕事に戻れるチャンスだと咲田の背中を押す。
最終話「フルーツ宅配便」「誰も助けられなかったって言ってたでしょう。そんなことないよ」続編を熱望する
フルーツ宅配便 Blu-ray BOX(5枚組)

そんなとき、以前えみが勤めていた悪徳店のオーナー・沢田(田中哲司)の差し金で、フルーツ宅配便は警察に摘発されてしまう。オーナーのミスジ(松尾スズキ)が連行され不在のなか、今度は沢田たちによってえみが拉致された。

白石監督が描く「ヤクザ者と警察」



ヤクザ者、それを捕まえたい警察、その間で上手く立ち回る者。白石監督が映画『日本で一番悪い奴ら』(2016年)で描いたこのトライアングルが活きた。

えみが監禁されている倉庫に、咲田が助けに向かう。ボコボコの返り討ちに遭う咲田だったが、ミスジが残してくれた銃を使ってえみと逃げることを試みる。しかし、その銃はモデルガンだった。

えみ「咲田くん、最後に助けに来てくれてありがとう」
咲田「助けてない、誰も助けてない。誰も。えみだけじゃない。フルーツで働いてた女の子たち、誰も助けられなかった。みんな、必死に生きてたのに、見てることしかできなかった」

この記事の画像

「最終話「フルーツ宅配便」「誰も助けられなかったって言ってたでしょう。そんなことないよ」続編を熱望する」の画像1 「最終話「フルーツ宅配便」「誰も助けられなかったって言ってたでしょう。そんなことないよ」続編を熱望する」の画像2 「最終話「フルーツ宅配便」「誰も助けられなかったって言ってたでしょう。そんなことないよ」続編を熱望する」の画像3
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る
お買いものリンク