review

「わたし、定時で帰ります」ギャン泣き吉高由里子、一人ゲリラ豪雨中丸雄一、嘘発言ユースケ試写会徹底レポ

4月16日より、火曜ドラマ『わたし、定時で帰ります』(TBS系)がスタートする。
「わたし、定時で帰ります」ギャン泣き吉高由里子、一人ゲリラ豪雨中丸雄一、嘘発言ユースケ試写会徹底レポ

原作は、発売当初から今までのお仕事小説とは一味違うんじゃないかと働く女性を中心に圧倒的な支持を博していた朱野帰子の小説『わたし、定時で帰ります』。TBSドラマは初主演となる吉高由里子が「残業ゼロ、定時が帰る」がモットーのニューヒロインを演じ、個性豊かなモンスター社員たちと向き合い、奮闘する中で、働くとは何なのか、仕事とは何なのか、そして本当の幸せとは何なのかを問いかけていく人間ドラマだ。

【あらすじ】
東山結衣(吉高由里子)はWEB制作会社で働くディレクター。過去のトラウマから入社以来、残業ゼロ生活を貫いてきた。理由が無ければ帰りづらい風潮の中で、仕事中は誰よりも効率を追求し、生産性の高い仕事をし、定時になるときっぱり退社。行きつけの中華料理屋でビールを嗜み、恋人・諏訪巧(中丸雄一)との時間も大切にしている。だが新任の部長が赴任したことをきっかけに、結衣の前に曲者社員たちが立ちはだかる。ワーカホリックの結衣の元婚約者・種田晃太郎(向井理)、会社に住み着く非効率男・吾妻徹(柄本時生)、辞めたがりの新人男子・来栖泰斗(泉澤祐希)、仕事命の皆勤賞女・三谷佳菜子(シシド・カフカ)、双子を育てるワーキングマザー・賤ヶ岳八重(内田有紀)、そして悪気なくブラック発言を連発する新任部長・福永清次(ユースケ・サンタマリア)。彼ら曲者たちが抱える様々な問題に、結衣はどう立ち向かうのか──?

あわせて読みたい

  • 袴でおリボン最高 「花子とアン」3週

    袴でおリボン最高 「花子とアン」3週

  • 最終回 リーガルV 向井理いいとこ取り

    最終回 リーガルV 向井理いいとこ取り

  • 「やすらぎの郷」やっと来た向井理

    「やすらぎの郷」やっと来た向井理

  • 「きみ棲み」俺だけのために生きてくれ

    「きみ棲み」俺だけのために生きてくれ

  • 気になるキーワード

    レビューの記事をもっと見る 2019年4月9日のレビュー記事
    「「わたし、定時で帰ります」ギャン泣き吉高由里子、一人ゲリラ豪雨中丸雄一、嘘発言ユースケ試写会徹底レポ」の みんなの反応 2
    • 匿名さん 通報

      初回の公開試写会の後の会見、長いな❗まあ、楽しそうな現場だというのは、よくわかりました❗

      2
    • 匿名さん 通報

      ワーキングウーマンなら気になる残業。観たい!

      1
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    次に読みたい関連記事「沢尻エリカ」のニュース

    次に読みたい関連記事「沢尻エリカ」のニュースをもっと見る

    新着トピックス

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース