review

定時で帰れない「集団左遷!!」vs.「わたし、定時で帰ります。」とくに管理職は見るべきこれだけの理由

福山雅治主演のTBSの日曜劇場「集団左遷!!」(よる9時〜)では、三友銀行の蒲田支店の副支店長である真山徹(香川照之)が、毎日定時で退社する。福山演じる支店長の片岡洋はじめ、ほかの行員たちは残業しているだけに、真山はちょっと浮いた存在だ。しかし、それにはちゃんと理由がある。妻が病気で入院していて、毎日見舞いに行くためだ。

日曜劇場では、昨年放送された「下町ロケット」でも、徳重聡演じる下町の中小企業のエンジニアが、大きなプロジェクトにみんなが全力を注ぐなかにあって、ひとり定時で帰宅し、顰蹙を買っていた(もともと斜に構えたキャラクターなのでよけいに浮いていた)。だが、これまた理由は、病気で入院中の幼い娘の面倒を見るためだった。
定時で帰れない「集団左遷!!」vs.「わたし、定時で帰ります。」とくに管理職は見るべきこれだけの理由
イラスト/まつもとりえこ

定時で帰れない「集団左遷!!」vs.「わたし、定時で帰ります。」


それにしても、ドラマのなかの話とはいえ、定時で帰る者が社内で変わり者扱いされていることに、どうも違和感を覚えてしまう。そもそも定時退社が認められる理由が、家族の入院ぐらいしかないとは……。こうした設定は、国策として働き方改革が叫ばれ、企業に対し労働時間短縮が奨励される昨今の風潮に逆行していないだろうか? ふと、そんなことを思ったのは、「集団左遷!!」と同じくTBSでは目下、その名もずばり「わたし、定時で帰ります。」(火曜よる10時〜)というドラマが放送されているからだ。

遅ればせながら、WEB制作会社を舞台とするこのドラマを、私は第4話にして初めて見た。その回では、非効率なサービス残業を日々続け、社内に泊まることもしばしばという吾妻(柄本時生)というフロントエンドエンジニアが登場した。劇中では、吉高由里子演じる主人公の東山結衣がそんな彼に対し、残業をしなくても効率よく仕事する方法を教える場面もあり、きわめて実用的で、正しく“いまのドラマ”をやっているという印象を受けた。

あわせて読みたい

  • わたし、定時で帰ります 試写徹底レポ

    わたし、定時で帰ります 試写徹底レポ

  • 今夜3話「下町ロケット」まるで人情噺

    今夜3話「下町ロケット」まるで人情噺

  • いよいよ最終回「半沢直樹」大ヒットの秘密を原作との違いから徹底検証

    いよいよ最終回「半沢直樹」大ヒットの秘密を原作との違いから徹底検証

  • 池井戸潤「空飛ぶタイヤ」映画化に迫る

    池井戸潤「空飛ぶタイヤ」映画化に迫る

  • 気になるキーワード

    レビューの記事をもっと見る 2019年5月19日のレビュー記事
    「定時で帰れない「集団左遷!!」vs.「わたし、定時で帰ります。」とくに管理職は見るべきこれだけの理由」の みんなの反応 2
    • 匿名さん 通報

      >ただ“頑張る”ことしかしていないにもかかわらず、いつも最後の最後に幸運がもたらされることに感心してしまう。  都合の良いドラマですよね。

      3
    • 匿名さん 通報

      >しかし結果的に、地元民が支店をつぶすまいと続々と預金しに詰めかけるという奇跡が起こった。  普通、ありえない。

      3
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    次に読みたい関連記事「佐藤二朗」のニュース

    次に読みたい関連記事「佐藤二朗」のニュースをもっと見る

    新着トピックス

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース