【インタビュー】のん “クセありベビーフェイス”の“ロックガール”が放つアルバム テーマは「青春」

 
【インタビュー】のん “クセありベビーフェイス”の“ロックガール”が放つアルバム  テーマは「青春」

『ベビーフェイス』は自分の恥ずかしい部分もそのまま書くっていうことを心がけた


──前作『スーパーヒーローズ』から約1年、今回はミニアルバムでのリリースですね。


のん
:『スーパーヒーローズ』のときは音楽界の大先輩であるスーパーヒーローな方達に曲を書いていただいたので、いろいろ詰め込んだフルアルバムとして出したいと思ったんですね。今回は、昔から大好きだった元GO!GO!7188のアッコ(ノマアキコ)さんとユウさんに作っていただいた「やまないガール」がきっかけになっていて。この曲をシングルで出すのがいいのか、アルバムにリード曲として入れるのがいいのか、どういう形が一番いいんだろうってずっと模索していたんです。でもやっぱり私の青春を形作ったお二人の曲なので、そこにフォーカスして作れたらいいなぁと思って。その2曲と私が青春を思い出して作った曲、そして今の自分が「やまないガール」のテーマに沿って作った曲を合わせたミニアルバムにしてみました。出来上がってみたら、これは私だけでなくユウさんアッコさんだけでもなく、みんなの青春にもなっているんじゃないかと思える作品になりました。

──GO!GO!7188はよく聴かれていたんですか?


のん
:聴いてました。中学のときにバンドをやっていたんですけど、そこでもGO!GO!7188のコピーをしていて、そのときのことが忘れらなくて音楽を始めた感じだったので。

──曲を書いていただくにあたって、こんな曲調でとか、何かリクエストはしたのですか。


のん
:「やまないガール」は全くなんにもお願いしてないです。「涙の味、苦い味」はツアーで福岡に行ったときに、鹿児島在住のアッコさんと初めてお会いして打ち合わせをしました。そのときには、この作品のコンセプトを自分の青春を詰め込んだ“スーパーヒーローズ青春バージョン“に決めていたので、アッコさんにも「私の青春時代をそのまま切り取ったような詞になったらいいなと思うんですけど」ってお願いして。GO!GO!のコピーをしていた頃の思い出をお話ししたりして、イメージを作っていただいて。曲調も「ちょっとしっとりした曲がいいです」みたいなことをお伝えしました。

【インタビュー】のん “クセありベビーフェイス”の“ロックガール”が放つアルバム  テーマは「青春」


──「やまないガール」は、いろんなお話をしたうえでできた曲だと思ってました。


のん
:会う前だったのに、こういうふうに自分のことを捉えてもらえたことが新鮮でしたね。ファンの方達には、じつは強気なところがあったりするのは知れ渡ってると信じてるんですけど、ほとんどの人はホヤっとして何考えてるかわからない感じに見えると思うんですよ(笑)。歌詞に<ホントのあたしを知らないくせに>とあったり、ベビーフェイスと言いながら、他は全部攻撃的な歌詞になっていたり。そういう捉え方をされたことが、すごく嬉しかったです。

──意外でした?


のん
:意外でしたね、こんなところにフォーカスして書かれると思ってなかったので。もう、まさに私が“やまないガール”だ!と思って。自分の中ですごいリンクしました。

──“やまない”は“止めない”と“病まない”のダブルミーニングになっているそうですが、普段ののんさんも、この歌詞のような感じだったりしますか?


のん
:そうですね、強気な感じとか。あれこれ決めつけないでっていうところとか。おちゃらけたりする感じとか。自分にフィットするところがすごく多いと思いました。なんか……“ショージキに生きればいい”って思う半面、“あれこれこんがらがって”変なことばっかり気にしたり。そういうところも自分とリンクしましたし、「これは私のようなやまないガールやまないボーイ達がたくさんいるぞ…」と良い予感がありました。

──今回は「やまないガール」「涙の味、苦い味」以外はのんさんの作詞作曲ですが、ミニアルバム全体に通じる曲作りのテーマは青春ということになりますか?


のん
:はい、青春をテーマに書きました。「憧れて」とかは、まさにGO!GO!さんへの憧れの気持ちと自分の青春が重なってますし。「涙の味、苦い味」へのアンサーソング的な気持ちで書きました。

【インタビュー】のん “クセありベビーフェイス”の“ロックガール”が放つアルバム  テーマは「青春」


──「憧れて」は歌うことへの決意みたいなことも感じられる、すごくいい歌詞ですね。


のん
:ホントですか? ありがとうございます。『スーパーヒーローズ』は怒りをぶちまけるみたいな曲ばっかりで、ちょっと一人よがりなところがあったんです。そんな曲達もめちゃくちゃ気に入っているのですが、今回は自分の想いを乗せながらも客観的に書くことを意識したんです。自分の恥ずかしい部分もそのまま書くっていうことを心がけました。

──そこが『スーパーヒーローズ』と大きく違うところですか?


のん
:『スーパーヒーローズ』のときって、自分で作った曲は全部怒りに満ち満ちてる、衝動的に作ってパンクな曲を書いていて。荒々しい気持ちしかこめていなかったんですね。だから改めて冷静になってみると、自分が恥ずかしいと思う表現は書いてないことに気づいて。

──冷静に自分の気持ちを言葉にするより、とにかくそのまま出してしまいたいという気持ちのほうが強かったのでしょうか。


のん
:なんていうか、何を書いても怒りがこもっちゃうというか。怒りの感情は、私の中で恥ずかしげもなく出せる感情なんですよ。

──怒っていることが多かった?


のん
:基本、小っちゃい頃から怒るのが好きなんですよ。何にでも怒りたいっていう感じが入っちゃう(笑)。

──怒ることが好きなんですか? それとも怒りを感じるようなことが多いんですか?


のん
:怒ってる状態が好き……っていうか。許せない相手がいたりすると、どうしていいかわかんないくらい疲れてっちゃうので、そうではなくて日常的に怒ってるテンションが気に入ってるんですよね。

【インタビュー】のん “クセありベビーフェイス”の“ロックガール”が放つアルバム  テーマは「青春」


──ピーンと気持ちが張っている緊張感のあるテンションが好き?


のん
:張り詰めてるなかで怒りたいときもあるんですけど、張り詰めてないときに怒りたい場合もあるんですよ。……これ、人に嫌がられるところだと思うんですけど(笑)。あと怒るっていう感情は悪者にされているようでイヤだっていうのもあるんですよね。涙を流したり悲しんだり、喜んだり楽しんだりすることは推奨されている感じがあるけど、怒ったりすることは疎まれがちで。

──怒っているところは人に見せちゃいけない感じがありますよね。


のん
:そうそう。それ、おかしいって思っちゃう。でも、すぐにプッツンって言われちゃうから怒らないように気をつけてるんですけど(笑)。

──『スーパーヒーローズ』では、そういう怒った感情も普通に書いていって。


のん
:あのときは面白い言葉とか自分の好きな言葉を並べて曲を作っていったんですけど、そしたら、だいぶ怒ってんなぁ~みたいなのばっかりになっちゃって。聴く人のことも考えて書いたつもりだったんですけどね。毎回、可愛い曲にしようって取り組んでいたんですけど。

──気づけば怒っちゃってた(笑)。


のん
:怒っちゃってた(笑)。

──今回はそんなに怒ってないですね。


のん
:今回は静かな怒りですね。

──サウンド的には『スーパーヒーローズ』に比べると、バンドサウンドというか、シンプルなアレンジの曲が多いような。


のん
:そうかも。「モヤモヤ」は凝ってますけど、あとはそうですね、シンプルですね。「やまないガール」「涙の味、苦い味」はGO!GO!色の曲になってるし。やっぱり自分の青春を見つめると、バンドをやっていたときのことが大半を占めているので、バンド感が表に出てきますよね。

【インタビュー】のん “クセありベビーフェイス”の“ロックガール”が放つアルバム  テーマは「青春」


あわせて読みたい

  • のん、銀座ソニーパークにサプライズ参上 9月からのツアーを期待させるステージを披露

    のん、銀座ソニーパークにサプライズ参上 9月からのツアーを期待させるステージを披露

  • のん 満員の渋谷クアトロで初のワンマンライブ、夏には日比谷野音を含む5大都市ツアー開催

    のん 満員の渋谷クアトロで初のワンマンライブ、夏には日比谷野音を含む5大都市ツアー開催

  • のん、渋谷タワレコのインストアイベントに登場 「みなさん、グリグリに盛り上がっていきましょう!」

    のん、渋谷タワレコのインストアイベントに登場 「みなさん、グリグリに盛り上がっていきましょう!」

  • のん、1stアルバム先行試聴会を開催 ミニライブで新曲披露 「お手元に置いていただければ嬉しいです」

    のん、1stアルバム先行試聴会を開催 ミニライブで新曲披露 「お手元に置いていただければ嬉しいです」

  • 気になるキーワード

    エキサイトミュージックの記事をもっと見る 2019年6月12日の音楽記事
    「【インタビュー】のん “クセありベビーフェイス”の“ロックガール”が放つアルバム テーマは「青春」」の みんなの反応 2
    • マカイ 通報

      良いインタビューありがとう。

      5
    • 匿名さん 通報

      のんちゃん、インタビュアーさん 素敵な記事をありがとう ライブも舞台も映画も楽しみです 応援していますね

      3
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    次に読みたい関連記事「マキシマム ザ ホルモン」のニュース

    次に読みたい関連記事「マキシマム ザ ホルモン」のニュースをもっと見る

    新着トピックス

    音楽ニュースアクセスランキング

    音楽ランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    芸能の人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトミュージックとは?

    話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

    その他のオリジナルニュース