review

テレビドラマは「ネット民」をどう描いたか「デジタル・タトゥー」「向かいのバズる家族」そして「電車男」

どうも、テレビドラマは我々ネット民を「トラブルの種」として描きがちなようだ。

インターネットでのトラブルや炎上を描くテレビドラマは、2019年前半だけでも5本放送されている。『3年A組―今から皆さんは、人質です―』(日本テレビ系)、『JOKER×FACE』(フジテレビ系)、『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』(フジテレビ系)、『デジタル・タトゥー』(NHK総合)、『向かいのバズる家族』(日本テレビ系)だ。メインの題材ではないが単発のエピソードとしてネットのトラブルが描かれたものを含めると、『わたし、定時で帰ります。』(TBS系)などが加わり、その数はさらに増える。

ここに挙げたドラマの多くは、ネット民を「炎上やネット私刑、肖像権の侵害、他者を傷つける生放送などのトラブルを起こす存在」として描いた。匿名SNSに隠れて無責任に発信し、熱狂していくネット民の存在によって、主人公をはじめとした現実=リアルの人間が困り、傷つき、苦痛を与えられる。

ネット民は、悪意の塊、トラブルメーカーとしてしかドラマに登場することはできないのだろうか。今期、匿名の悪意を繰り抜いて明確に描き出したのが『デジタル・タトゥー』だった。
テレビドラマは「ネット民」をどう描いたか「デジタル・タトゥー」「向かいのバズる家族」そして「電車男」
ドラマ『デジタル・タトゥー』(NHK総合)の原案本。河瀬季・著『デジタル・タトゥー──インターネット誹謗中傷・風評被害事件ファイル』(自由国民社)

ネット民は顔の見えない正体不明の悪意『デジタル・タトゥー』


2019年5月18日からNHK総合で放送されている『デジタル・タトゥー』。ヤメ検弁護士・岩井(高橋克実)と、人気YouTuber・

あわせて読みたい

  • 川谷絵音〈人の悪口言う前に〉の正しさ

    川谷絵音〈人の悪口言う前に〉の正しさ

  • 超話題「フェイクニュース」前編を観た

    超話題「フェイクニュース」前編を観た

  • 「フェイクニュース」ネット炎上を見た

    「フェイクニュース」ネット炎上を見た

  • 北川景子「フェイクニュース」今夜後編

    北川景子「フェイクニュース」今夜後編

  • 気になるキーワード

    レビューの記事をもっと見る 2019年6月15日のレビュー記事
    「テレビドラマは「ネット民」をどう描いたか「デジタル・タトゥー」「向かいのバズる家族」そして「電車男」」の みんなの反応 3
    • 匿名さん 通報

      匿名さん 2019/06/15 20:22、バ韓国の女優がどうなろうが我々の知ったこっちゃないんだよ。それを『ニュースでごリ押す』からおかしくなるのに()

      2
    • 匿名さん 通報

      韓国の美人女優さんが交通事故で亡くなった時、ものすごい数のネット民が「スッキリした」にクリックした。人間の心を持たない日本人が大勢いて、その正体が露わになっているってこと。恥ずかしい。

      1
    • 匿名さん 通報

      テレビは後追いばかりなので僻みまくったあげく悪者に仕立てたね。

      1
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    次に読みたい関連記事「本」のニュース

    次に読みたい関連記事「本」のニュースをもっと見る

    新着トピックス

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース