review

最終回&劇場版公開決定「新幹線変形ロボ シンカリオン」監督対談「ここから魂みたいなものを込めて行く」

       
本日6月29日(土)朝7時から放送された第76話で、ついにテレビシリーズのフィナーレを迎えた『新幹線変形ロボ シンカリオン』
エキレビ!の池添隆博総監督三間雅文音響監督の対談、後編では、物語を最後まで引っ張り続けた主人公・速杉ハヤト(CV:佐倉綾音)と、親友の男鹿アキタ(CV:沼倉愛美)、大門山ツラヌキ(CV:村川梨衣)のキャスティングについてのエピソードや、新たな敵キリンとの戦いを描いた最終章について語ってもらった。

(前編はこちら
最終回&劇場版公開決定「新幹線変形ロボ シンカリオン」監督対談「ここから魂みたいなものを込めて行く」
ハヤトたちは、キリンの運転するブラックシンカリオンオーガを爆破。平和が訪れると、アキタ、ツラヌキも地元に帰郷。全国のシンカリオン運転士たちは、それぞれの夢を追う日々に戻った。

ハヤト役の佐倉さんの声からは、真面目さと純粋さを感じた


──速杉ハヤトは、生き方自体が作品のテーマを体現するくらい存在感の濃い主人公だと思います。ハヤト役はオーディションを経て、佐倉綾音さんに決まったそうですが、まず、オーディションに参加して欲しいと推薦したのは、どなたですか?

池添 僕ですね。佐倉さんとは、『SHOW BY ROCK!!』でもご一緒していたのですが、さっき(前編で)も話したとおり真面目で、すごく純粋な人。何よりも、声を聴いてそれを感じたので、ハヤト役をやってもらいたいなと思いました。それに、以前から本人も少年役をやってみたいと言っていたので。オーディションを経て、最終的に(メインスタッフの)みんなが同じように思ってくれたので良かったです。

三間 でも実は、ハヤト、アキタ、ツラヌキの3人組のキャストを決める時、僕と池添さんは真っ向から意見が違ったんですよ。僕は、佐倉さんたちではなく、まったく別のベテランの3人組を推していたんです。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「最終回&劇場版公開決定「新幹線変形ロボ シンカリオン」監督対談「ここから魂みたいなものを込めて行く」」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    シンカリオン毎週4才の子供と楽しみに見ていました。劇場版は息子の映画館デビュー作になりそうです!12月が待ち遠しいです!

    1
この記事にコメントする

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年6月29日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。