review

「TWO WEEKS」三浦春馬・高嶋政伸直接対決!強力な黒幕は誰か?いろんな結城が見れて嬉しい5話

フジテレビ系「TWO WEEKS」。海藻にまみれたびしょびしょの結城大地(三浦春馬)に、娘・はな(稲垣来泉)のことをでれでれと話す結城、いろんな結城が見れた第5話だった。毎週変わる衣装も楽しみになってきた。
「TWO WEEKS」三浦春馬・高嶋政伸直接対決!強力な黒幕は誰か?いろんな結城が見れて嬉しい5話
イラストと文/たけだあや

黒幕は誰か


なんとか命拾いした結城は、室岡俊治(村上淳)・晴人(鳥越壮真)親子に助けられる。
室岡は、9年前に柴崎の元から逃げ出し、結城が服役するきっかけになった人物だったのだが、その発言から柴崎(高嶋政伸)に強力な後ろ盾がいることが判明した。
怪しげなカットが映されたのは3人。はなの担当医である小池夏美、月島楓(芳根京子)の所属する東京地検港南支部の支部長・岩崎恭二(神尾佑)、そして月島が慕う国会議員・久我早穂子(黒木瞳)だ。
断トツで怪しいのは久我だ。結城の目撃場所を聞いていた可能性が最も高く、何よりドラマのポスターで柴崎より前に写っているのでまず間違いないだろう。
岩崎支部長も、月島と角田の行動を見張っているようだ。柴崎が結城からデジカメの在処を聞き出そうとしている際、「警察にか?検察か?」と言ったのも引っかかる。どちらかなら揉み消せるということだろう。月島が結城の事件の担当になったのは、上(久我)からの通達があったからだった。久我と岩崎、2人ともが繋がっている可能性もある。
担当医・小池については、刑事・有馬海忠(三浦貴大)の知人として、心配しての怖い顔だろう。しかし、小池の病院に久我は視察に行っていたので、繋がりを完全には否定できない。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る

TWO WEEKS

TWO WEEKS

一度は人生を捨てた男が初めて出会った8才の娘(稲垣来泉)は、白血病を患っていた――。ドナーとして再び生きる意味を見つけた男(三浦春馬)の前に、殺人の濡れ衣が立ちはだかる。カンテレ・フジテレビ系にて、2019年7月16日〜9月17日放送。

お買いものリンク