review

「にじさんじ Music Festival」直前、える&シスター・クレア対談「ここまで来たか〜」

VTuber界を代表する人気グループ「にじさんじ」が、10月2日(水)に千葉の幕張メッセで、初めての大型音楽イベント『にじさんじ Music Festival 〜Powered by DMM music〜』を開催。
20人の出演者の中には、ライブで歌声を披露するのは初めてのバーチャルライバーも多く、開催が発表された時から大きな注目を集めている。
そこで、エキレビ!では、ライブへの出演経験があるメンバーの一人であるえると、歌配信で多くのファンに癒しの歌声を届けているシスター・クレアにインタビュー。
この前編では、歌に対する思いなどを語ってもらった。
歌だけでなくリスナーのコメントを拾いながらの雑談も得意なえる。怒濤のペースで話題を展開していく。歌声だけでなく常に癒しのオーラを放つシスター・クレアだが、実は人を笑わせることが大好きで、さまざまな面白企画にも挑戦

いろいろな歌声のライバーさんがいるからこそ、自由に歌っていきたい(える)


──お二人はバーチャルライバーとしてデビューした時点で、歌を歌うという活動に関しては、どのくらいの興味や思いを持っていましたか?

える えるは、元々、歌が大好きだったので、デビューした時には歌も頑張りたいなって気持ちだったのですが、歌に関しての気持ちにはすごく波があって。にじさんじのメンバーが増えるにつれて歌の上手い子も多くなっていき、「みんな、歌、上手いな……」って萎縮してしまった時期もあったんです。でも、(2018年10月に)初めて『ハロ/ハワユ』という曲の歌動画を上げた時に、みんなの反応とかを聞いて、いろいろな歌声のライバーさんがいるけれど、そのことで萎縮するのではなくて。逆に、いろいろな歌声のライバーさんがいるグループだからこそ、自由に歌っていきたいな、と思うようになりました。

この記事の画像

「「にじさんじ Music Festival」直前、える&シスター・クレア対談「ここまで来たか〜」」の画像1 「「にじさんじ Music Festival」直前、える&シスター・クレア対談「ここまで来たか〜」」の画像2 「「にじさんじ Music Festival」直前、える&シスター・クレア対談「ここまで来たか〜」」の画像3
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「音楽」に関する記事

「音楽」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「音楽」の記事

次に読みたい「音楽」の記事をもっと見る

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る
お買いものリンク