review

「ととのう」必要ナシ! ドラマ「サ道」最終回はマニアのこだわりからサウナを解放した

「そもそも私、ととのおうと思ってサウナに入ってないんですね」
「え」

原田泰造主演、サウナ好きによるサウナ好きのためのテレビ東京のドラマ25「サ道」が最終回を迎えた。サウナという“趣味”を取り扱ったドラマとして、かなり踏み込んだ内容の最終回だったと思う。

何度も繰り返して書いてきたが、「サ道」の基本的な構成は、サウナー(サウナ愛好家)のナカタ(原田泰造)がサウナ仲間の偶然さん(三宅弘城)、イケメン蒸し男(磯村勇斗)とダベりつつ、全国のサウナの名店を堪能するというものだ。「孤独のグルメ」のサウナ版と考えれば良い。

ナカタたちのサウナの楽しみ方のベースには、温冷交代浴によって「ととのう」ことにある。それが最終回を目前にして、ナカタはととのわなくなってしまった。熊本県にあるサウナの名店「湯らっくす」でも、ととのわない。「孤独のグルメ」の井之頭五郎が何を食べても美味しくなくなってしまうようなものである。

サウナ引退まで頭をよぎるナカタだが……ということで、最終回が始まった。
「ととのう」必要ナシ! ドラマ「サ道」最終回はマニアのこだわりからサウナを解放した

西の聖地「湯らっくす」と熊本地震


一旦、ととのうことを諦めて、「湯らっくす」をエンジョイするナカタの前に現れたのは、社長の西生吉孝氏だった。冒頭の言葉は、西生氏のもの。サウナに入ってもととのわなくてもいい! 

サウナの歴史は(「サ道」の原作者である)「タナカカツキ前」と「タナカカツキ後」と言われるぐらい(言っていたのは原田本人)「サ道」の影響力は大きい。“サウナのバイブル”と呼ばれることもあるが、本当に「聖典」なのだ。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「「ととのう」必要ナシ! ドラマ「サ道」最終回はマニアのこだわりからサウナを解放した」の みんなの反応 3
  • もんちゃ 通報

    サウナ

    2
  • もんちゃ 通報

    マニアはやっぱり整いたいよ

    0
  • 匿名さん 通報

    ヨガに通じますね。 最終回 ただ眺めるだけ、目の前にあるものを。 極めるべきものではないのかもしれません。

    0
この記事にコメントする

「孤独のグルメ + 韓国」のおすすめ記事

「孤独のグルメ + 韓国」のおすすめ記事をもっと見る

「孤独のグルメ + 名古屋」のおすすめ記事

「孤独のグルメ + 名古屋」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「けいおん!!」のニュース

次に読みたい関連記事「けいおん!!」のニュースをもっと見る

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年10月6日のレビュー記事

キーワード一覧

  1. 孤独のグルメ 名古屋
  2. 孤独のグルメ 漫画
  3. 孤独のグルメ 韓国

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。