review

「ストリート開拓」ストリートビューに残る宮川大輔&ザキヤマの贅沢「静止画ロケ」をご報告

       
「ストリート開拓」ストリートビューに残る宮川大輔&ザキヤマの贅沢「静止画ロケ」をご報告
「井上マサキのテレビっ子からご報告があります」第16回。ライターでテレビっ子の井上マサキでございます。この連載は日々テレビを見ていて気になった細かいこと、今のアレってアレなんじゃないのと思ったことを、週報代わりにご報告できればと思っております。どうぞよろしくお願いします。

バックナンバーはこちらから

これぞ本当の「ネットとテレビの融合」だと思った。10月20日に放送された『ストリート開拓』(テレビ朝日系列)である。

タイトルの「ストリート」は、Googleストリートビューのこと。まだ日本国内でGoogleストリートビューに載ってない道を「開拓」する番組なのだ。宮川大輔と山崎弘也(アンタッチャブル)が実際にその地に行き、360°カメラで撮影しながらずんずん歩く。

そしてその様子は、本当に公式のGoogleストリートビューに登録されている。放送終了後も、ずっと残っているのだ……!



あんなにしゃべる2人なのに「静止画」


今回開拓したのは、京都府舞鶴市の一角。ストリートビューはザキヤマの「くる〜」のポーズでスタートし、以降約5kmにわたって2人の背中を追っていく。
「ストリート開拓」ストリートビューに残る宮川大輔&ザキヤマの贅沢「静止画ロケ」をご報告
今回『ストリート開拓』で「開拓」したのは、京都府舞鶴市の北部、大浦半島を縦断する約5kmの道のり。最終的に船で沖に出ます

『ストリート開拓』では、その様子をスタジオで振り返る。スタジオ出演者は宮川&ザキヤマと、ゲストに倉科カナと若槻千夏。さっき「振り返る」と言ったけど、ロケのVTRは全く流れない。映像はストリートビューを一歩一歩進めるのみ。あんなにロケに慣れていて、ずっとしゃべり続ける2人なのに、「静止画」しか出てこないのだ。こんな贅沢な使い方があろうか。

これには宮川も戸惑ったようで、「オープニング10分くらいしゃべったのに」「このロケつかみきれてなかったのよ」「何してんねん思うて」とスタート直後の不安を振り返る。「スタッフを疑ってた」とドッキリの可能性まで残っていた。無理もない。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年10月26日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。