review

愛か?虐待か? 動物性愛者たちをめぐるノンフィクション『聖なるズー』

性愛にはさまざまな形がある。

セクシュアルマイノリティへの理解は、数々の困難を抱えながらも徐々に進みつつあるが、それがもし種を超えたものであった場合、私たちは受け入れることができるだろうか?

2019年、ノンフィクション作家の登竜門「開高健ノンフィクション賞」を受賞した濱野ちひろの『聖なるズー』(集英社)は、「動物性愛(zoophilia)」をテーマにしたセンセーショナルなルポルタージュだ。
愛か?虐待か? 動物性愛者たちをめぐるノンフィクション『聖なるズー』
濱野ちひろ『聖なるズー』(集英社)

獣姦と動物性愛


「動物性愛」とは、本書の言葉を借りれば「人間が動物に対して感情的な愛着を持ち、時に性的な欲望を抱く性愛のあり方」のこと。もちろん、ここには人間と動物とのセックスも介在する。

人間と動物とのセックスといえば、いわゆる「獣姦」という言葉が広く知られている。しかし、動物性愛とは、似て非なるものであるという。

獣姦は動物とセックスすることそのものを指す用語で、ときに暴力的行為も含まれるとされる。そこに愛があるかどうかはまったく関係がない。一方で動物性愛は、心理的な愛着が動物に対してあるかどうかが焦点となる。

つまり動物性愛とは、人間と動物との「愛ありき」、つまり感情面での繋がりを前提とした関係であり、セックスという行為は副次的なものとして位置づけられる。

性的倒錯か、性的指向か


動物と人間との、種を超えた関係性である「動物性愛」については、性的倒錯であるという見方と、同性愛などと同様に性的嗜好の1つであるという、大きく2つの見地に分かれるのが現状のようだ。つまり、「アブノーマルである」という意見と、「そういう在り方もあるよね」という意見が併存している。いずれにせよ、現状ではマイナーな性的指向であることは間違いなく、さらに「動物虐待」というイメージで語られやすい性質を持っていることから、おそらく忌避感を抱く人の方が多数であると思われる。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月31日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。