片渕須直監督のアニメーション映画「この世界の(さらにいくつもの)片隅に」(以下、「さらにいくつもの」と略)が昨年暮れに全国の劇場で公開されてからというもの評判を呼んでいる。今月以降も上映館は増える予定で、ロングランになりそうな勢いである。
「この世界の(さらにいくつもの)片隅に」の「さらにいくつもの」の意味。さらに増えるいくつもの上映館
映画「この世界の(さらにいくつもの)片隅に」公開にあわせ、アートブック(画像)など関連書籍もいくつか刊行されている

新たな場面の追加で全体の印象もがらりと変わる


そもそも「さらにいくつもの」の元の作品となる「この世界の片隅に」からして、2016年11月に公開以来、上映館を拡大し、昨年8月には連続上映1千日という異例のロングランを記録している。「さらにいくつもの」は、「この世界の片隅に」に40分ほど新たな映像を追加して再編集したものだ。戦時中に広島から軍港のある呉へと嫁いだ北條すず(旧姓・浦野)を主人公にした「この世界の片隅に」は、こうの史代による同名の原作マンガの世界観を活かしつつ、綿密な調査にもとづく微に入り細をうがつ描写で、私たち観客を圧倒した。それは今回の「さらにいくつもの」も変わらない。のほほんとした性格のすずさんが、戦時下にあってさまざまな試練に遭遇しながら生きていくさまには胸を打たれる。

既存の映画を監督自ら場面を追加したり削ったりして再編集した作品をディレクターズカット版というが、「さらにいくつもの」はタイトルまで変更されていることからもあきらかなように、単なるディレクターズカット版ではない。あらすじはほぼ同じとはいえ、新たな場面がいくつか加わることで、これほどまでに作品全体の印象が変わってしまうのかと、私は本作を観て衝撃を受けた。たとえばすずさんが、北條家を訪ねてきた幼馴染で海軍に入った水原と、夫・周作のはからいにより一夜をともにすごすシーン。これはもともと「この世界の片隅に」からあったシーンだが、「さらにいくつもの」ではその直前にすずが周作のある秘密を知るシーンが加わったために、まるで意味合いが違って見える。