review

「いだてん」第0話として観ると更に傑作、市川崑の傑作映画「東京オリンピック」

       
NHKの大河ドラマは、昨年の「いだてん〜東京オリムピック噺〜」が終わって早1ヵ月近くが経つ。昨年末にはその総集編が総合テレビで放送されたのに続き、BSプレミアムでの再放送もこの三が日に終わってしまった。今年の大河ドラマ「麒麟がくる」は本来ならきょうあたり始まるはずが、色々あって再来週の19日まで待たねばならない。そんなわけで、どうもまだ「いだてん」を引きずっているという方も結構多いのではないか。そういう方にはぜひ、市川崑が総監督を務めた記録映画「東京オリンピック」(1965年公開)をおすすめする。DVDも出ているが、いまではAmazonプライム・ビデオなど各種オンデマンドサービスでも観ることができる。

「いだてん」でも、この映画の制作のために撮られた未使用映像がふんだんに使われ(最終回では開会式の模様など本編の映像も引用されていた)、三谷幸喜が市川に扮しての撮影光景も出てきた。それにとどまらず、この映画は「いだてん」の物語やテーマ自体にも影響を与えているふしさえある(これについてはあとでくわしく説明したい)。これはもう「いだてん」第0回ともいっていいのではないか。
「いだてん」第0話として観ると更に傑作、市川崑の傑作映画「東京オリンピック」
市川崑監督『東京オリンピック』DVD(画像はオリジナル版とディレクターズカット版の2枚組DVD)

競技から“はみ出た部分”が面白い


私は、「いだてん」を最終回まで観終えたのを機に、この年末年始、「東京オリンピック」を2回観た。以前観たのは、シドニーオリンピックが開催されたころだから、もう20年も前である。今回あらためて観て、強く記憶に残っていたシーンもあれば、忘れていたところ、また、今回初めて気づいたことも多々あった。名画というのは、観るたびに新しい発見があるものだが、だとすればこの映画はまぎれもなく名画である。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「「いだてん」第0話として観ると更に傑作、市川崑の傑作映画「東京オリンピック」」の みんなの反応 1
  • にオススメ 通報

    にオススメ にオススメ

    0
この記事にコメントする

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月5日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。