review

「ジョジョ・ラビット」第二次世界大戦末期、軍国少年とユダヤ人少女が一つ屋根の下で

10歳の少年には、第二次世界大戦末期のドイツはどのように見えていたのか。そんなポイントにしっかり寄り添いつつ、ハードな現実と希望を描いてみせた『ジョジョ・ラビット』は、タイカ・ワイティティ監督の手腕を存分に味わえる非凡な作品である。
「ジョジョ・ラビット」第二次世界大戦末期、軍国少年とユダヤ人少女が一つ屋根の下で

軍国少年、ユダヤ人少女と同居! 幼いジョジョの運命やいかに


第二次世界大戦中のドイツに住む10歳の少年ジョジョ・ベッツラーは、ナチスに心酔する軍国少年である。心の中に住む"空想上の友達"アドルフ・ヒトラーと毎日会話するほどナチスに入れ込んでいるジョジョは、ヒトラー・ユーゲントのキャンプに参加する。心の中のヒトラーに励ましてもらいつつ、キャンプに参加したジョジョ。そこで待っていたのは、同じような年頃の少年たちと戦闘で片目を失った教官クレンツェンドルフ大尉だった。

臆病で貧弱なジョジョは年上のキャンプ参加者に命じられた通り素手でウサギを殺すことができず、みんなからバカにされてしまう。「ジョジョ・ラビット」というあだ名をつけられたジョジョだったが、心の中のヒトラーに「ウサギは勇敢でずる賢い」と励まされ、手榴弾の投てき訓練に飛び入り参加。しかし手榴弾を投げるのに大失敗し、全身に大怪我と後遺症を負ってしまう。

ジョジョの母ロージーはヒトラー・ユーゲントの事務局に怒鳴り込み、ジョジョは完治するまでクレンツェンドルフ大尉の指導下でポスターを貼ったり召集令状を届けたりする奉仕活動をすることに。その日帰宅したジョジョは、亡くなった姉インゲの部屋で妙な隙間を発見する。その隙間は隠し扉になっており、中にはユダヤ人の少女が隠れていた。ナチス最大の敵を発見し大混乱するジョジョを、ユダヤ人少女エルサは「もし通報したら、あんたもお母さんも協力者だとチクる」と脅す。考え抜いた末にジョジョは、エルサからユダヤ人の生態について聞き出しレポートにまとめることを決定。かくして戦時下のドイツで、軍国少年とユダヤ人少女が一つ屋根の下で暮らすことになる。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月24日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。