review

若手にロケを指南する千鳥と、若手のネタを作り替える神無月。芸人のプロ意識を見た瞬間をご報告

若手にロケを指南する千鳥と、若手のネタを作り替える神無月。芸人のプロ意識を見た瞬間をご報告
「井上マサキのテレビっ子からご報告があります」第27回。ライターでテレビっ子の井上マサキでございます。この連載は日々テレビを見ていて気になった細かいこと、今のアレってアレなんじゃないのと思ったことを、週報代わりにご報告できればと思っております。どうぞよろしくお願いします。

バックナンバーはこちらから

先輩芸人が若手に「プロ意識」を伝える場面を、1週間で2回見た。

『相席食堂』で千鳥が若手のロケVTRを審査し、『爆笑問題のシンパイ賞!!』で神無月が若手モノマネ芸人を大改造していたのだ。若手に何かを伝えるとき、その芸人が大切にしている部分が出る。2組に共通していたのは「人に自分たちをどう見せるか」だった。

京橋のロケに若手芸人が大苦戦


2月11日放送の『相席食堂』(ABC)は「街ブラ-1グランプリ」と題し、『M-1グランプリ2019』決勝初出場6組によるロケ対決(前編)が行われた。『M-1』も『相席食堂』も同じABC朝日放送であるため、テロップや効果音も本家のものを使い放題である(「JUDGE」のときのSEとか)

1番手はインディアンス。さっそく漫才さながらのやり取りから入るが、大悟は「(ロケを)やったことないから漫才で入るほうが楽なんやろ」「(ツッコミの)キムが漫才用のツッコミか、ロケ用のツッコミかわからんから、間でヘラヘラしてる」と、あっという間に見抜く。

ロケ地は大阪の京橋。ロケの達人である千鳥が「街と人が面白いから芸人がロケに戦いに行くところではない」というほどの高難易度の地だ。インディアンスも酔っぱらいたちに翻弄され、ワサビたっぷりの刺身を振る舞われる。いつしかボケとツッコミの役割から外れ、2人とも酔っ払いたちにツッコんでしまった。これに千鳥は「ボケないと」「コンビネーションが大事なんですよ、コンビのロケは」と指摘する。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月15日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。