review

最終週「やすらぎの刻~道」“もいちどはじめから”公平としのは原風景に、菊村は妻の墓前に帰っていった

倉本聰・脚本「やすらぎの刻~道」(テレビ朝日系・月~金11時30分~)最終週。

脚本家・菊村栄(石坂浩二)の脳内ドラマ「道」パートも、現実世界である「やすらぎの刻」パートも揃って完結!
イラストと文/北村ヂン

そんな世界はもう捨てて早う来んか!?


「道」パートでは先週、詐欺容疑で次男の竜(駿河太郎)が逮捕されたかと思えば、今週は農協に借金しまくっていた四男の圭(山村憲之介)が、公平(橋爪功)たちが住む土地を勝手に自分名義に書き換えていたことが判明する。それも借金のカタとして取られてしまったのだ。

田舎の村で、現代社会の狂騒からは離れ、金も物もなくても、子どもや孫たちに囲まれて幸せそうな生活を送っていた老夫婦が、物欲・金銭欲に狂った息子たちのせいで、結果的にその生活を奪われることに。

平成編に入ってから、たびたびバブルへの憎しみが描かれて来たが、金を欲しがる人たちをここまで悪人に仕立て上げるとは。

それでいながら、物質主義から脱却して自然に回帰した生活を送り、何かにつけて「おじいちゃんおばあちゃんを喜ばせたい」なんてことを言っていた本作における絶対正義・翔(菅谷哲也)は翔で、父・竜が騙した被害者たちに金を弁済することもできなければ、土地を追い出されようとしている公平立ちを救うこともできなくて泣くばかり。

金に踊らされると地獄に落ちるが、金がないと人を助けることもできない。結局、どうすればいいのか。

公平もしの(風吹ジュン)も認知症で、事態の深刻さをあまり認識できていなそうなのが救いとも言えるが……。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「やすらぎの刻~道」に関する記事

「やすらぎの刻~道」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「やすらぎの刻~道」の記事

次に読みたい「やすらぎの刻~道」の記事をもっと見る

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る

やすらぎの刻~道

やすらぎの刻~道

幅広い世代から絶大な支持を集めた『やすらぎの郷』の主人公・菊村栄(石坂浩二)が執筆するシナリオ『道』が、新たに映像化。倉本聰×テレビ朝日が再タッグを組んでお送りする『帯ドラマ劇場』にて、2019年4月8日~2020年3月27日放送。

お買いものリンク