review

「エール」1話/原始時代から始まり主題歌は最後に。波乱含みの新朝ドラながら、そんな時こそ“エール”を

「エール」1話/原始時代から始まり主題歌は最後に。波乱含みの新朝ドラながら、そんな時こそ“エール”を
イラスト/おうか

第1週「初めてのエール」1回〈3月30日 (月) 放送 演出・吉田照幸〉


「エール」1話/原始時代から始まり主題歌は最後に。波乱含みの新朝ドラながら、そんな時こそ“エール”を
写真提供/NHK

窪田正孝、二階堂ふみが実力を見せつけた


朝ドラこと連続テレビ小説 102作目の「エール」は、日本が誇る大作曲家【古関裕而】をモデルにしたドラマ。全国高校野球の歌や、巨人や阪神のテーマ曲、映画「モスラ」の歌など誰もが一度は聞いたことのある曲をたくさん作ってきた偉人・古関裕而をモデルにした【古山裕一】を演じる俳優は、「ゲゲゲの女房」「花子とアン」で朝ドラを支えてきた【窪田正孝】。
裕一を支えた妻・【古山音】を演じるのは【二階堂ふみ】。
朝ドラの主人公は、フレッシュな新人の登竜門でもあったが、最近は認知度や実力が保障済みの俳優が演じることも増えて、窪田正孝、二階堂ふみは後者に当たる。

第1話は、窪田と二階堂がいかに芸達者か存分に示してくれるものだった。

冒頭、紀元前1万年。はじめて音楽に出会う古代人に扮した窪田と二階堂が、喜びを音楽で表現する。
それから時代はアメリカ開拓時代(多分)へ。音楽と共に嘆きを表現する窪田。
そして現代。ここぞ!という試合の前に音楽を聞いて己を鼓舞する二階堂。
ちょっと戻って70年代、吉田拓郎のフォークソング「ある雨の日の情景」を聞きながらたそがれる窪田。
再び、現代。一時期流行ったフラッシュモブでプロポーズする窪田のキレッキレのダンス。

見事なフラッシュモブに二階堂がオチをつける。そこに再びかかる「ある雨の日の情景」にピッタリな泣き笑いの終幕だった。
人類と音楽の関係性を3分で一気に振り返る、まるで、人間って悲しいけどおかしいという、コント番組「LIFE」のようなはじまりだった。
「半分、青い。」は主人公が胎児のときからはじまった画期的なドラマだったが、「エール」はそれを抜き、大胆にも紀元前からはじまった。これ以上前にはもう遡れないであろうというところまで来たといえるだろう。
朝ドラにしてはなかなか攻めた構成になったわけは、たぶん、あの人の力――。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「「エール」1話/原始時代から始まり主題歌は最後に。波乱含みの新朝ドラながら、そんな時こそ“エール”を」の みんなの反応 6
  • 匿名さん 通報

    実質的な物語のスタートは第2話からですね。 かなり奇抜なスタートと聞いていましたがPVみたいでしたね。 速報を見て絶句しました。志村けんさんのご冥福を心よりお祈りいたします。

    3
  • 匿名さん 通報

    やはり朝ドラの主題歌は女性シンガーの柔らかい声を期待してるから、慣れるまで少しかかりそう。AKBと絢香の曲が朝ドラらしくて良かった。男性でもスピッツは心地よかったな。 ドラマのテーマは面白そう。

    3
  • 匿名さん 通報

    窪田くんと松下洸平くんは1歳違いなんですね。窪田くんは10代から演じるようですが、予告を見ると青春を感じますね。今作と比較するとやはり前作は「老け顔」のキャストが主人公の世代に多かったですね。

    0
  • 匿名さん 通報

    窪田くんと松下洸平くんは1歳違いなんですね。窪田くんは10代から演じるようですが、予告を見ると青春を感じますね。今作と比較するとやはり前作は「老け顔」のキャストが主人公の世代に多かったですね。

    0
  • 匿名さん 通報

    昭和64年ではなくて1964年でしょう。

    0
この記事にコメントする

「連続テレビ小説 + まんぷく」のおすすめ記事

「連続テレビ小説 + まんぷく」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「連続テレビ小説」のニュース

次に読みたい関連記事「連続テレビ小説」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「半分、青い。」のニュース

次に読みたい関連記事「半分、青い。」のニュースをもっと見る

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

朝ドラ「エール」

朝ドラ「エール」

NHK「連続テレビ小説」第102作目のテレビドラマ。窪田正孝、二階堂ふみが、昭和の音楽史を代表する作曲家・古関裕而と、歌手としても活躍したその妻・古関金子を演じる。2020年3月30日~放送中。

2020年3月30日のレビュー記事

キーワード一覧

  1. 連続テレビ小説 まんぷく

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。