第1週「初めてのエール」1回
<3月30日 (月) 放送 演出・吉田照幸>


「エール」1話 原始時代から始まり主題歌は最後に。波乱含みの新朝ドラながら、そんな時こそ“エール”を
イラスト/おうか

窪田正孝、二階堂ふみが実力を見せつけた

朝ドラこと連続テレビ小説 102作目の「エール」は、日本が誇る大作曲家【古関裕而】をモデルにしたドラマ。全国高校野球の歌や、巨人や阪神のテーマ曲、映画「モスラ」の歌など誰もが一度は聞いたことのある曲をたくさん作ってきた偉人・古関裕而をモデルにした【古山裕一】を演じる俳優は、「ゲゲゲの女房」「花子とアン」で朝ドラを支えてきた【窪田正孝】。
裕一を支えた妻・【古山音】を演じるのは【二階堂ふみ】。
朝ドラの主人公は、フレッシュな新人の登竜門でもあったが、最近は認知度や実力が保障済みの俳優が演じることも増えて、窪田正孝、二階堂ふみは後者に当たる。

第1話は、窪田と二階堂がいかに芸達者か存分に示してくれるものだった。

冒頭、紀元前1万年。はじめて音楽に出会う古代人に扮した窪田と二階堂が、喜びを音楽で表現する。
それから時代はアメリカ開拓時代(多分)へ。音楽と共に嘆きを表現する窪田。
そして現代。ここぞ!という試合の前に音楽を聞いて己を鼓舞する二階堂。
ちょっと戻って70年代、吉田拓郎のフォークソング「ある雨の日の情景」を聞きながらたそがれる窪田。
再び、現代。一時期流行ったフラッシュモブでプロポーズする窪田のキレッキレのダンス。

「エール」1話 原始時代から始まり主題歌は最後に。波乱含みの新朝ドラながら、そんな時こそ“エール”を
写真提供/NHK

見事なフラッシュモブに二階堂がオチをつける。そこに再びかかる「ある雨の日の情景」にピッタリな泣き笑いの終幕だった。
人類と音楽の関係性を3分で一気に振り返る、まるで、人間って悲しいけどおかしいという、コント番組「LIFE」のようなはじまりだった。
「半分、青い。」は主人公が胎児のときからはじまった画期的なドラマだったが、「エール」はそれを抜き、大胆にも紀元前からはじまった。これ以上前にはもう遡れないであろうというところまで来たといえるだろう。
朝ドラにしてはなかなか攻めた構成になったわけは、たぶん、あの人の力――。

この記事の画像

「「エール」1話 原始時代から始まり主題歌は最後に。波乱含みの新朝ドラながら、そんな時こそ“エール”を」の画像1 「「エール」1話 原始時代から始まり主題歌は最後に。波乱含みの新朝ドラながら、そんな時こそ“エール”を」の画像2 「「エール」1話 原始時代から始まり主題歌は最後に。波乱含みの新朝ドラながら、そんな時こそ“エール”を」の画像3 「「エール」1話 原始時代から始まり主題歌は最後に。波乱含みの新朝ドラながら、そんな時こそ“エール”を」の画像4