review

自意識のねじれた青少年が大人になり『バック・トゥ・ザ・フューチャー』と和解できた理由 今夜金ロー放送

       
自意識のねじれた青少年が大人になり『バック・トゥ・ザ・フューチャー』と和解できた理由 今夜金ロー放送
バック・トゥ・ザ・フューチャー/ジェネオン・ユニバーサル
→Amazonで購入する

 『バック・トゥ・ザ・フューチャー(以下BTTF)』は、間違いなくものすごく面白い映画である。ハラハラドキドキさせつつも、初見でも「この映画はちゃんと綺麗に楽しく終わってくれるな」という予感を持たせるストーリー、魅力的なキャラクター、かっこよさの中にユーモアも感じさせるガジェットやメカ、ウィットに富んだセリフ……。もうどこからどう見ても面白い。1985年に公開されて以来、35年の間ずっと人気があるというのもよくわかる。

だがしかし、おれはなんとなくBTTFが苦手である。嫌いというわけではない。上に書いたように、とても面白い映画だと思っている。しかしこの、スキのない面白さが曲者なのである。なんというか、BTTFは優等生っぽく見えるのだ。誰からも好かれるし、実際性格のいいクラスの人気者のような映画だと思う。親世代にも受けがいいから、お父さんやお母さんと一緒に観ても全然OK。「好きな映画は?」と聞かれた時に、BTTFと答えておけばとりあえず大丈夫……BTTFは、そんな映画だと思う。

こういう、非の打ち所のない人気者とぶつかった時、自意識を持て余している人間はヒネた態度をとりがちである。おれも実際のところ、BTTFに対してはそういう態度を取り続けていた。特に、思春期以降は大変だ。お父さんお母さんと一緒に観られるような健全な映画は、なんかダサい気がしてしまう。「やっぱり映画は爆発と破壊とエグいメカと宇宙人、それに生首とか流血がないと!!」と言いたくなり、やたらとホラー映画のTシャツ(色は黒)を着たがるような青少年だったおれには、品行方正で良心的なBTTFはどうにもヌルい優等生に見えたのである。

さらにいえば、多くの人がBTTFを面白いと言っているのもイヤだった。そういう年頃のヒネた人間は、とにかく「誰かと一緒」を嫌う。BTTFに罪はないのは知っている。誰が見ても面白い映画なんだから、誰もが面白いと言うに決まっている。しかし、おれは「好きな映画はBTTF!」という人間と一緒の存在にはなりたくない……! そういう複雑な心理が、おれをBTTFから遠ざけたのである。

実のところ、この気持ちにいまだに折り合いはついていない。ただ、この原稿を書くに当たってもう一度BTTFを観てみた時に、この映画の年代設定が気になった。BTTFの中での「現代」は1985年、そしてマーティが紛れ込んでしまう「過去」は1955年である。今現在から見れば、およそ35年前の少年が、そのさらに30年前にタイムスリップしたことになる。

ちょっと話はズレるが、日本での1980年代は色々な場所でリバイバルブームが起こった時期でもある。『ウルトラマン』などの往年の特撮作品の再評価とアーカイブの整備が行なわれ、素朴な怪獣のソフビ人形や絶版のプラモデルなどが価値を認められた。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「自意識のねじれた青少年が大人になり『バック・トゥ・ザ・フューチャー』と和解できた理由 今夜金ロー放送」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    楽しみだ!

    0
  • 匿名さん 通報

    同時期のストリートオブファイヤーがまさにそんな感じで、当時のアメリカ人にとっての三丁目の夕日映画だ。

    0
この記事にコメントする

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年6月12日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。