review

松本潤・石原さとみ『失恋ショコラティエ』 王子様の白松潤、悪の黒松潤、そしておもしろ松潤まで 第4話

       
←『失恋ショコラティエ』3話レビュー

松本潤・石原さとみ『失恋ショコラティエ』 王子様の白松潤、悪の黒松潤、そしておもしろ松潤まで 第4話
失恋ショコラティエ/ポニーキャニオン

→Amazonで購入する

新型コロナ感染拡大の影響で、各テレビ局では過去の番組の再放送や再編集版、傑作選などが多く放送されている。

フジテレビ系列で2014年1月〜3月にオンエアされた「失恋ショコラティエ」が再放送中だ。今作は、“リアル”で“切ない”片想いと、チョコっと“過激な妄想”ラブストーリー。エキレビ!で本放送時に掲載した、木俣冬氏によるレビューを再掲する(日付などは当時のまま掲載)。

王子様の白松潤、悪の黒松潤、そしておもしろ松潤まで 第4話


(この地球にいる)60億人のうち59億9千万人に嫌われても、1千万人と愛しあえたらもう十分。夢みたいでしょ。

「失恋ショコラティエ」第4話で、爽太(松本潤)のライバル・ショコラティエ六道(佐藤隆太)が語った、ショコラティエとしての信条を表したセリフです。

その後、59億9千人に嫌われることよりも、「自分自身のビジョンが消えてしまうことのほうが怖い」「どんなものが作りたいかわからなくなって何もできなくなることが怖い」と続きます。

かっこいい。
六道、おねえキャラで、クネクネしているけれど、言うことはクネクネしてない。強固。
いや、そもそも、おねえという独自な生き方を選んでいること自体、強くてかっこいいんですよね。

爽太は六道に恋はできないけれど(それが六道には残念なところ)、「君臨している。だけど孤独じゃない。媚びてない。でも愛を売ってる」と尊敬の念を抱きます。

さらに、ドラマ後半、爽太のお父さん(竹中直人)が、昔は「わかるひとだけわかってくれたらいい」なんて言っていたらすぐにつぶれてしまうところだったが、今は、たったひとりに死ぬほど愛してもらえたら、ちゃんと結果が出る時代だと、六道と似たようなことを言います。
人気女優が爽太のお店のことをブログに書いたことで、人気が上昇したのです。
ネットの時代、口コミの力を強大にしたわけですね。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「松本潤・石原さとみ『失恋ショコラティエ』 王子様の白松潤、悪の黒松潤、そしておもしろ松潤まで 第4話」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    今見ても最高、録画一気に見ました。薫子さんが一番現実直視してます、が夢はない。 けっこう大人が見ても面白い。

    0
この記事にコメントする

「失恋ショコラティエ + 石原さとみ」のおすすめ記事

「失恋ショコラティエ + 石原さとみ」のおすすめ記事をもっと見る

「失恋ショコラティエ + ドラマ」のおすすめ記事

「失恋ショコラティエ + ドラマ」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「花咲舞が黙ってない」のニュース

次に読みたい関連記事「花咲舞が黙ってない」のニュースをもっと見る

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年6月18日のレビュー記事

キーワード一覧

  1. 失恋ショコラティエ ドラマ
  2. 失恋ショコラティエ 石原さとみ

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。