review

『バック・トゥ・ザ・フューチャー2』のワールドシリーズはなぜ「シカゴ・カブス対マイアミ」なのか

今日19日、21時より日本テレビ「金曜ロードSHOW!」で「バック・トゥ・ザ・フューチャーPART2」が放送される。

劇中でドクが2015年10月21日を「30年後の未来世界」だと言う場面が出てくるが、その“未来”だった2015年10月21日にエキレビ!に掲載したオグマナオト氏によるレビューを再掲する。(日付などは当時のまま掲載)。

『バック・トゥ・ザ・フューチャー2』のワールドシリーズはなぜ「シカゴ・カブス対マイアミ」なのか
バック・トゥ・ザ・フューチャーPART2/ジェネオン・ユニバーサル

→Amazonで購入する

マーティ「ここ、どこさ? 今、いつなの?」
ドク「カリフォルニアのヒルバレーを稼働中だ。時間は午後4時29分。10月21日水曜日、2015年のな!」
マーティ「2015年だって!? 未来にきてるの?」

とうとう、その未来が現実となってやってきた。

1989年公開の映画『バック・トゥ・ザ・フューチャーPART2』(以下、BTTF2)。この映画のなかでは「現代」が“1985年10月”、「未来」が“2015年10月21日”として描かれている。つまり、今日2015年10月21日がBTTF2 における「30年後の未来世界」なのだ。

BTTF2と「スポーツの過去・未来」


この「未来と現実世界の邂逅」にあわせるように、ホバーボードや自動靴ひもスニーカーなど、BTTF2で描かれていた技術の進歩はどうなった? といった検証記事を目にすることが多い。

その一方で見過ごしがちなのは、この映画の鍵は「未来技術」以上に「スポーツ」が握っている、ということだ。宿敵ビフは未来から持ち帰ったスポーツ年鑑を使って財を築き、パラレル世界となる「荒廃した1985年」を作り出している。

この「スポーツの過去・未来」を象徴的に語るために描かれているシーンがある。2015年、時計台前での乱闘劇直後のマーティ(マイケル・J・フォックス)の次の台詞だ。

「カブスがワールドシリーズで優勝!? しかもマイアミに!?」

このマーティの驚きにはふたつの意味がある。
ひとつが、優勝とはとことん縁がないシカゴ・カブスがワールドシリーズを制したこと。そしてもうひとつが、マイアミに野球チームがあることだ。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年6月19日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。