review

大好評『泣きたい私は猫をかぶる』W監督対談後編「状況が変わったら、皆さんと一緒に劇場でも観たい」

大好評『泣きたい私は猫をかぶる』W監督対談後編「状況が変わったら、皆さんと一緒に劇場でも観たい」
Netflixで独占配信中の長編アニメーション『泣きたい私は猫をかぶる』。主人公のムゲを演じるのは若手女優の志田未来。一見すると無軌道な女の子だが、実は繊細で複雑な思いも抱える中学2年生を好演している

6月18日(木)からNetflixでの独占配信が始まっている長編アニメーション『泣きたい私は猫をかぶる』。不思議なお面の力で猫に変身できるようになった中学2年生の女の子「ムゲ」こと笹木美代が主人公のオリジナルストーリーで、愛知県常滑市を舞台に、本当の思いに気づけず、伝えることもできない少年少女たちの変化や成長などが描かれていく。

エキレビ!の佐藤順一監督柴山智隆監督Wインタビュー後編では、エンディングまでのストーリーのネタバレも含みながら、作品に込めた思いなどを語ってもらった。『泣きたい私は猫をかぶる』の本編を未見の人は、ぜひNetflixで鑑賞後、この記事の続きを読んでほしい。

(対談前編はこちら

登場人物たちの生っぽいセリフがすごく岡田さんらしい


──「岡田麿里さんの今書きたい物語」というのがこの作品の最初のコンセプトということですが、完成した脚本の中で「ここは岡田さんらしいな」と特に感じたことを教えてください。

柴山 僕は、以前、『心が叫びたがってるんだ。』(岡田が脚本を担当)でパート演出として参加させていただいたんですけれど。その時から、等身大に描かれている登場人物たちの生っぽいセリフがすごく良いなと思っていまして。それは本作でもしっかりと感じられて、すごく岡田さんらしいなと感じました。

──たしかに、岡田さんの描く人物は、青春真っ盛りの若者だろうと親世代の大人だろうと、とても生々しい印象があります。佐藤監督はいかがですか? 岡田さんとは(2006年の)『ARIA The NATURAL』(佐藤が監督、岡田が各話脚本を担当)からの長い付き合いもあると思うのですが。

佐藤 とはいえ、実際に岡田さんと同じ作品を作った機会は、そんなに多くはないんですけどね。岡田さんの作品を観てきて思っていたのは、明け透けだったり歯に衣着せぬ物言いだったりで、むき出しの感情を吐き出すキャラはいるんだけれど、基本どの人もピュアなんですよね。裏表がある人もピュアゆえにそうなんだ、みたいな感じがあって。わりとドロドロしたものやゲスいものを見せられるのかなと思っていたら、みんなすごくピュアで嫌いになれなかった、みたいなことが多いんです(笑)。今回もそういうところは特徴的でした。

ただ今回は、主人公たちにかなりフォーカスが当たっているため、大人達に関しては少し外に置かれている感じもあって。どちらかと言えば、子供たちにとっては邪魔というか、振り回してくる存在みたいな描かれ方も強かったかなと思うんです。そこに関しては、コンテの段階で少しアレンジを加えていて。大人たちもピュアなんだよ、みたいなところも見えるようにしています。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年6月24日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。