review

羽生結弦 華麗な演技を支える、崇高な理想への情熱

       
羽生結弦 華麗な演技を支える、崇高な理想への情熱
イラスト/おうか

創設されたばかりの、国際スケート連盟スケーティング・アワード。その中で、フィギュアスケートの発展に最も寄与したとして最優秀選手賞を贈られたのが羽生結弦選手である。

ソチ五輪・平昌五輪二連覇をはじめ、数々の試合で優勝。2020年2月には、ジュニアも含めた6つのビッグタイトルをすべて獲得、スーパースラムを成し遂げた。2018年には国民栄誉賞まで受賞している。改めて、その足跡と演技を紹介したい。

五輪前から注目されてきた実力の中、拠点リンクが二度閉鎖に

2004年。羽生選手は小学4年で初めて出た全日本ノービスBクラス(ジュニアよりさらに低年齢のクラス)で金メダルを獲得した。その直後、拠点としていたホームリンクが経営難で倒産。遠方のリンクに通わなくてはならなくなる。当然ながら、試合での成績は伸び悩んだ。

2010年、15歳で世界ジュニア優勝。
すでに自分を表現することに長けていた彼は、ギャップのあるキャラクターを演じ分けていた。ショートプログラムは前髪を斜めに流し、少し背伸びした、凛々しい中に力強さも感じる「ミッション・インポッシブル」。

一方フリーは、サラサラのマッシュルームヘア(当時憧れの存在だったプルシェンコに影響を受けている)、フリルをあしらったペールブルーの衣装という天使のような容貌で繊細に演じる「パガニーニの主題による狂詩曲」。同じシーズンとは思えない変身ぶりだ。この両極はどちらも成長を遂げ、今の演技傾向にも受け継がれている。

羽生結弦 華麗な演技を支える、崇高な理想への情熱
蒼い炎/扶桑社 (2012)

翌2010-2011シーズン、シニアデビュー。
NHK杯で4回転トウループを成功させるなど調子を上げ、2月の四大陸選手権(ヨーロッパ以外の各国が集まる国際大会)で銀メダルを獲得。よいデビューシーズンを終えられた…その直後、地元仙台で、3月11日を迎える。東日本大震災だ。

ホームリンクで練習中に被災した彼は、幸い無事だったものの自宅が被災、一時は避難所での生活を余儀なくされた。再びホームリンクを失ったが、地震から10日後、かつて師事した都筑コーチがいる横浜で練習を再開。復興支援目的のアイスショーに多数出演しながら練習を続け、全日本選手権(2011年)で総合3位に。ニース開催の世界選手権への切符を勝ち取った。

羽生結弦 華麗な演技を支える、崇高な理想への情熱
蒼い炎II-飛翔編-/扶桑社 (2016)

しかし試合直前に右足を捻挫。靴が履けないほど腫れてしまう。初出場、そして翌年の日本選手出場枠がかかったプレッシャーのかかる試合。このときのフリーが「ロミオとジュリエット」だ。

中世ヨーロッパの貴族をイメージする衣装とスリムな体型とは対照的に、血気盛んに高難度ジャンプに挑む。冒頭の4回転をはじめ、素晴らしいクオリティで前半のジャンプを決める。

しかしステップを終えた中盤で転倒。場内は騒然とした後、応援する歓声が響き渡る。すぐに立ち上がった羽生選手は、応援の声に応えるかのようにトリプルアクセルからのコンビネーションを成功させた。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月16日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。