review

『ジュラシック・パーク』から『ジュラシック・ワールド/炎の王国』まで! 恐竜大惨事ザックリ年表


『ジュラシック・ワールド/炎の王国』今夜、金曜ロードShow!にて本編ノーカットで地上波初放送

DNAをいじくり倒して作った新種が、ほぼほぼ主人公たちのミスにより(案の定)大脱走。秘書が酷い食われ方をしたり、オーナーが運転するヘリが墜落したり、パーク関係者もお客もドカドカ死ぬという超大規模な業務上過失致死傷事件を巻き起こし、大変な訴訟問題に発展したであろう前作の『ジュラシック・ワールド』

舞台はその3年後。すっかり、無人の恐竜天国となっていたヌブラル島の火山が、このたび噴火寸前だということで、取り残された恐竜たちを別の場所に移すことに。しかし、その計画の裏にはある陰謀が……というお話なのですが、はい。もう悪い予感しかしません。

だいたい27年前の1993年に公開された1作目の『ジュラシック・パーク』以降、毎度のように恐竜絡みの大惨事が発生してしまうこのシリーズ。しかし、そうなるキッカケは毎回ことごとく人間側にあります。というわけで、過去にどんな事件が起こったのかザックリ年表にしてみました。

恐竜大惨事ザックリ年表


そうなんです。人類は毎回やらかしてしまうんです。全然成長しないんです。学習した個体は過ちを繰り返さないように「もうやめとけ」と制止するんですが、いかんせん未経験の個体や、歴史から学んでない個体が毎回同じ様な失敗をやらかします。もはやコレ、恐竜というか、人類史の縮図ではないでしょうか。

今回は前作のような単純な恐竜パニック映画というより、恐竜ゴシックホラーといった趣で、ジュラシック・パークとロストワールドへのオマージュとかリスペクトがてんこ盛り、正直前作よりメッセージ性もあって、むしろかなり好きなのですが、このシリーズに何を求めてるかで評価がパックリ別れる映画でもあります。その上で一個だけ言わせていただきたい。

『炎の王国』という邦題が残念すぎる



編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る
お買いものリンク