review

多部未華子「私の家政夫ナギサさん」 いかにも“おばさん” 俳優・大森南朋に新たな扉が開いた 5話

       
多部未華子「私の家政夫ナギサさん」 いかにも“おばさん” 俳優・大森南朋に新たな扉が開いた 5話
イラスト/ゆいざえもん

家族の確執をほどいて最高視聴率マークの「私の家政夫ナギサさん」5話

いきなり瀬川(眞栄田郷敦)メイ(多部未華子)に「僕と付き合っていただけませんか、結婚を前提に」と言うドアップのシーンではじまったからびっくり。4話の肥後先生(宮尾俊太郎)の再現だった。

メイの会社はとにかく仲良しで、メイのこの件をチームのみんなで共有する。無口婚した馬場さん(水澤紳吾)の件もみんなで共有しちゃうし、しょっちゅう飲み会しているふうだし、いまどきのオンとオフを切り分けた人間関係とはちょっと違う。

コロナ禍、人と直接に会えなくなって、人恋しくて、Zoom飲みにいそしんでしまった身としては、会社の人たちといきつけのお店で美味しいものを食べながらわいわいしている姿にもなんだか癒やされる。

『私の家政夫ナギサさん』(TBS系 毎週火曜よる10時〜)は誰かを立てたら誰かが立たなくなるのではなく、誰もかれもが肯定されているのでホッとする。お仕事ものであり、恋愛ものであり、ジェンダーについて考える社会的なところもあり、ジャンルミックスドラマの『ナギサさん』。第5回は“ザッツホームドラマ”であり、家族の確執をほどいて、視聴率14.4%(ビデオリサーチ調べ 関東地区)と最高値に。

ナギサさん(大森南朋)の家政婦派遣会社に勤務しているメイの妹・ユイ(趣里)が、母・美登里(草刈民代)と揉めて家出してから3年、なんとか仲直りさせたいメイ。ナギサと相談して、父親・茂(光石研)の還暦パーティーを行うことに。

ナギサはアシスタントとしてマスクとパーティーめがね姿のユイを伴い相原家のパーティーに参加。背格好に特徴のあるユイは明らかにバレバレだと思うのだが、最初のうち美登里は気づかないふり。だが、何かと試すようなことを投げかける。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「多部未華子「私の家政夫ナギサさん」 いかにも“おばさん” 俳優・大森南朋に新たな扉が開いた 5話」の みんなの反応 1
  • saitoutoshiyuki 通報

    今期見ているのは惟ぐらいだ.

    1
この記事にコメントする

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

私の家政夫ナギサさん

私の家政夫ナギサさん

多部未華子演じる不器用な28歳の独身女子がおじさん家政夫(大森南朋)を雇うことから巻き起こるハートフルラブコメディ。TBSにて、2020年7月7日〜9月1日放送。

2020年8月5日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。