review

「私の家政夫ナギサさん」3話 メイ(多部未華子)にモテキ到来? でも無意識に呼んだのは「おじさん」

       
「私の家政夫ナギサさん」3話 メイ(多部未華子)にモテキ到来? でも無意識に呼んだのは「おじさん」
イラスト/ゆいざえもん

いろいろ物事が進展した「私の家政夫ナギサさん」3話

「なんかもう人間ってしんどい」
メイ(多部未華子)のこのセリフ、わかりみしかない。

「私の家政夫ナギサさん」(TBS系 毎週火曜よる10時〜)第3回は、メイ(多部未華子)の家に美登里(草刈民代)がふいに尋ねてくることになり、急遽ナギサさん(大森南朋)を雇ったら、けっきょく美登里と鉢合わせ。散らかった部屋も見られてしまい、メイが家事全般できないことがバレる。

母は、メイのこともユイ(趣里)のこともまったく把握していない。ユイは第2回で母と喧嘩して家を出て長らく会ってないことが明かされている。

「メイには一片の悔いのない人生を送ってもらいたいの」と「北斗の拳」のマネをして拳をあげる美登里。生生しくは描いてないが、お母さん、薄めの毒母。自分の理想を娘に押し付け、娘たちのことをちゃんと見ていない。

それに比べてナギサさんは「そんなに一人でがんばらなくていいと思います」とメイが無理してがんばっているのを見抜き、睡眠、栄養を心配し、理想的な母のようである。

だがしかしメイは「決めた! 今日から私は生まれ変わる!」と、仕事も結婚もなんでもやろうとがんばりはじめる。「だって私はできる女なんだから」と。母の呪いは強く簡単には解けない。がんばりすぎて睡眠時間が確保できなくなってきて、ここで「なんかもう人間ってしんどい」と弱音が出てしまう。

繊細な感情をふっと出せる大森南朋適任

メイと真逆なの存在が会社の同僚・薫(高橋メアリージェーン)。彼女の家はものすごくきれいで、料理も美味しい。結婚を目指して、様々手を尽くしているが、それがまったく苦労なく自然にできているふう。その分、薫は仕事熱心ではないのではないんだろうか。謎。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

私の家政夫ナギサさん

私の家政夫ナギサさん

多部未華子演じる不器用な28歳の独身女子がおじさん家政夫(大森南朋)を雇うことから巻き起こるハートフルラブコメディ。TBSにて、2020年7月7日〜9月1日放送。

2020年7月22日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。