review

多部未華子「私の家政夫ナギサさん」 自分本位なメイだけど多部ちゃんが演じているから許せちゃう 6話

       
多部未華子「私の家政夫ナギサさん」 自分本位なメイだけど多部ちゃんが演じているから許せちゃう 6話
イラスト/ゆいざえもん

ストレスレスで癒やしのユートピア 「私の家政夫ナギサさん」6話

火曜日の癒やし『私の家政夫ナギサさん』(TBS系 毎週火曜よる10時〜)第6話は、視聴率は16%(ビデオリサーチ調べ 関東地区)と上り調子。

時代は医療でも刑事でもなく、家政婦(夫)ものへ――。

家政婦(夫)の何がいいかといえば、忙しい仕事をうまくまわすために家政婦(夫)を雇って仕事もプライベートも快適になること。インテリアもファッションもご飯も“映え”そうなものばかりに囲まれているメイ(多部未華子)。メイの衣裳やアクセサリーがかわいい。イヤリングの重ね付けが素敵。

プライベートにストレスがないからか、対人関係もギスギスしない。仕事も恋愛も誰もメイを傷つけることがない。苦労も哀しみもさらりと流して進んでいく。

眼福。そしてストレスレス! ナギサさんの世界は癒やしのユートピアである。

第6話は、副支店長・松平(平山祐介)馬場(水澤紳吾)が退場し、メイがリーダーとして張り切る。ナギサさん(大森南朋)の謎も徐々にわかってくると同時に、田所(瀬戸康史)がメイとナギサの関係を怪しみはじめ……といよいよストーリーが大きくうねり始めた。

多部ちゃんだからいやな感じにならない、キャスティングの妙

ナギサさんが大手製薬会社のMRだったことを知って驚いたメイは、会社で導入された「1 on 1ミーティング」という上司と部下の対話によって社員間の信頼関係をつくりあげる方式をナギサさんにも使ってみることにする。

メイは、ぐいぐい質問するが、ナギサさんは話さない。だってそんなにグイグイ聞く気満々でこられたら話せないよなあという感じに演じる多部未華子。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「多部未華子「私の家政夫ナギサさん」 自分本位なメイだけど多部ちゃんが演じているから許せちゃう 6話」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    ドラマはジャニタレが居ない方がうまくいくという事。最近そうだよね。

    5
この記事にコメントする

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

私の家政夫ナギサさん

私の家政夫ナギサさん

多部未華子演じる不器用な28歳の独身女子がおじさん家政夫(大森南朋)を雇うことから巻き起こるハートフルラブコメディ。TBSにて、2020年7月7日〜9月1日放送。

2020年8月12日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。