review

THE RAMPAGE 川村壱馬・吉野北人|俳優としても活躍する二人のヴォーカリストの魅力

       
THE RAMPAGE 川村壱馬・吉野北人|俳優としても活躍する二人のヴォーカリストの魅力

THE RAMPAGE メンバー分析<川村壱馬・吉野北人>

人数が多い印象のEXILE TRIBE。その中にあって16人という最大人数のグループがTHE RAMPAGE from EXILE TRIBE(以下、THE RAMPAGE)だ。

「THE RAMPAGE=暴れ回る」の名の通り、3人のボーカリストと13人のパフォーマーの見た目はいかつく、熱くパワフルなサウンドに乗せて、大人数を活かしたダイナミックなパフォーマンスを行う。最初は「人数が多くて覚えられない!」となるのだが、じっくり彼らのことを見ていくと16人それぞれがとても個性的で、その個性がパフォーマンスに反映されている。知れば知るほど深みにハマるTHE RAMPAGEメンバーの個性を紹介しつつ、グループの魅力に迫る。

特集の第1回目は、THE RAMPAGEの顔、3人のボーカリストの中で共に俳優としても活躍しているボーカルの川村壱馬吉野北人を紹介しよう。

EXILE TRIBE初の3ボーカルグループ

川村壱馬は大阪府出身、1997年1月7日生まれの23歳。EXILEに憧れ歌手を志し、高校に進学するも歌を学ぶために音楽の高等専修学校へ再入学。そこでLDHが運営しているスクールEXPGにスカウトされ、EXPG大阪校に特待生として入校。そして、2014年4月に約3万人が参加した『VOCAL BATTLE AUDITION 4』に合格し、青山陸(RIKU)吉野北人とともにTHE RAMPAGEのボーカル候補となり、同年9月に正式メンバーとなった。

これまで2ボーカルが定番だったEXILE TRIBE初の3ボーカルグループとして誕生したTHE RAMPAGE。クリアでパワフルなハイトーンボイスのRIKU、甘く切ないシルキーボイスの吉野北人、そしてハードでワイルドな歌声の川村壱馬と、それぞれ特徴の異なるボーカリストがそろっている。その中で川村は、「ラップ」も担当。ラッパーというポジションもEXILE TRIBE初であったが、デビュー当初からラップパートの作詞にも参加しており、ヒップホップを取り入れているTHE RAMPAGEのサウンドと精神性を特徴付ける存在になっている。

THE RAMPAGE 川村壱馬・吉野北人|俳優としても活躍する二人のヴォーカリストの魅力

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年9月23日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。