review

本当にそれで良いのか!? ハリポタ組分け帽子の使い方問題

       
本当にそれで良いのか!?  ハリポタ組分け帽子の使い方問題

ハリー・ポッター 組分け帽子の使い方問題

先週(10月23日)から金曜ロードSHOW!で、4週連続ハリポタ&ファンタビ祭りをやっているので、この際ずっと気になっていたこの話についてまとめてみた。とはいえ、問題だと思っているのは私が知る限り私一人だし、私がここで問題だと言ったところでホグワーツの組分けシステムが変わるわけでもない。昼休みに会社の同僚が、なんかめんどくさいこと言い始めたなー程度な気持ちで、聞き流していただきたい。

同じキャラを同じ寮に集中させるホグワーツ

ハリー・ポッターシリーズの舞台であるホグワーツ魔法魔術学校。およそ、993年ごろ、

・ゴドリック・グリフィンドール
・サラザール・スリザリン
・ロウィナ・レイブンクロー
・ヘルガ・ハッフルパフ

という4人の偉大な魔女と魔法使いによって設立された7年制かつ全寮制の教育機関である。

本当にそれで良いのか!?  ハリポタ組分け帽子の使い方問題

11歳までに魔法力を示した子供に入学資格が与えられ、入学すると、新入生はまず大広間で「組分け帽子」という喋る帽子(創設者たちが自分たちの死後も生徒を選別できるように、彼らの脳と人格がコピーしてある)を被せられ、この帽子の判断により、4つの寮の中から今後7年間生活する寮を言い渡される。4つの寮の特色は以下の通り、

【グリフィンドール】
・勇猛果敢、勇気がある、騎士道を有する生徒を求めるとされる
・勇敢で度胸があり信念が強いが、悪く言えば自信過剰かつ頑固で、己の正義感や思い込みから規則をアッサリ無視する傾向がある
・正義漢のイメージが強いが、ハリーの父親のようにスリザリン生のパンツを下ろそうとするゴリゴリのイジメっ子も輩出している
・闇の魔法使いになった者もいる
・寮のカラー…赤と金色
・シンボル…ライオン

【スリザリン】
・鋭い洞察力を持ち機転が利く(悪く言えば狡猾)、勇敢だが利己的、断固たる決意や野心を持つ政治家・指導者タイプの生徒が多いとされる
・イギリスの階級制度を反映したような、純血魔法族の名家出身者が多く、純血主義の選民思想を持つ者も多いが、その分団結は強い
・イジメっ子のイメージが強いが、スリザリン生がグリフィンドール生からイジメられていることもある
・闇の魔法使いを最も多く輩出している
・寮のカラー…緑と銀色
・シンボル…蛇

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月30日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。