review

天海祐希『緊急取調室』2年ぶりに再始動 第4シーズンはキントリ・チームが「100日後に解散」

天海祐希『緊急取調室』2年ぶりに再始動 第4シーズンはキントリ・チームが「100日後に解散」

天海祐希『緊急取調室』第4シーズン放送決定

天海祐希演じる叩き上げの取調官・真壁有希子が、可視化設備の整った特別取調室で取り調べを行う専門チーム「緊急事案対応取調班(通称・キントリ)」のメンバーとともに、数々の凶悪犯と一進一退の心理戦を繰り広げる『緊急取調室』。稀代のストーリーテラー・井上由美子氏が手掛ける完全オリジナル脚本をベースに、「取調室」という名の“密室の戦場”で行われる“銃も武器も持たない生身の人間同士の死闘”を描いた本作がこの夏、待望の第4シーズンに突入する。

2019年4月期に放送された第3シーズンでは、天海をはじめ田中哲司、塚地武雅、でんでん、小日向文世が演じる鉄壁の取り調べ集団=キントリ・メンバーが、難航を極める取り調べにまい進。チーム一丸となって、数々の事件を見事解決に導いてきた。

あれから早2年――。有希子(天海)、管理官・梶山勝利(田中)、菱本進(でんでん)、小石川春夫(小日向)は、今もキントリに在籍。そして、第3シーズンから“キントリ・メンバー”の一員として参戦した玉垣松夫(塚地)は古巣の「サイバー犯罪対策室」に復帰しながらも、キントリと連携していくことに。速水もこみち&鈴木浩介が演じる警視庁捜査一課殺人捜査第一係の名コンビ「もつなべ」も、引き続きキントリと強力タッグを組んでいく――。

キントリ・チーム、100日後には解散! “衝撃の幕開け”と共に始まる“壮絶な戦い”

おなじみのメンバーが再集結し、これまで以上に揺るぎない正義感をたぎらせながら、一筋縄ではいかない被疑者たちの“裏の顔”を“マル裸”にしていく第4シーズン。しかし、常に視聴者の意表を突いてきた『緊急取調室』には、とんでもない新展開も待ち受けている。というのは、第4シーズンの冒頭で「キントリが9月末で解散すること」が判明してしまうのだ。

正式に義務化される以前から取り調べの録音録画(可視化)を実施し、“深い人間力”を基盤にした泥臭い取り調べで“被疑者の動機解明”に貢献してきたキントリ。だが、今や取り調べの完全可視化は当たり前の時代。取り調べ動画や監視カメラの映像など、逮捕に踏み切る際に最重要視される“明確な証拠”も入手しやすくなった。

そんな中、キントリは警視庁から「役目は終わった」と判断されてしまうことに。しかし、映像だけでは見えてこない“真実”も、絶対にあるはず――。そう信じるキントリ・チームは“部署の消滅まで残り100日”という手厳しいタイムリミットを課せられる中、ひたすら真摯に目の前の事件と対峙し、被疑者の動機解明にまい進していく。しかし、第1の事件から“想像を絶する戦い”が待ち受けていて……!?

はたして、キントリの運命はどうなってしまうのか。そんな彼らの前に敢然と立ちはだかる強烈な被疑者たちとは一体!? 取調官と被疑者、そして警察内部の人間たちが織りなす“悲喜こもごもの人間ドラマ”。2014年1月期の第1シーズンから通算7年の年月を経て、さらにパワーアップする“スリリングかつ爽快感あふれる世界観”、そして天海ら実力派俳優たちの魂のこもった演技がまたも拮抗する最新シリーズ。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年5月10日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク