review

『おかえりモネ』第36回 りょーちん(永瀬廉)の母への思慕の情が溢れ嗚咽を漏らす繊細な感情表現が見事

『おかえりモネ』第8週「それでも海は」

第36回〈7月5日(月)放送 作:安達奈緒子、演出:桑野智宏〉

※本文にネタバレを含みます

※『おかえりモネ』第37回のレビューを更新しましたら、Twitterでお知らせします


『おかえりモネ』は主人公・百音(清原果耶)が気象予報士を目指す物語。第7週では、事前に天気を予測することで危険を回避する可能性を説き、気象予報士は人間の未来を作る仕事であるという希望を百音が感じる

【レビュー一覧】『おかえりモネ』のあらすじ・感想(レビュー)を毎話更新(第1回〜第36回掲載中)

おりしも先週末から日本列島に大雨が降り、土砂災害に遭った地域もあり、とても心配である。天気が適切に予測できて未然に被害を防ぐことができたら……という祈りの気持ちが強くなった。

第8週は百音や亮の父母の話

2016年のお正月。亀島に里帰りした百音。母・亜哉子(鈴木京香)の浮気の噂が島中に広がっていることを知る。娘の百音は森林組合の人たちを呆れさせるほどピュア過ぎて、菅波(坂口健太郎)との関係が進展していないが、母・亜哉子は浮いた話を撒き散らす。

亜哉子を尾行する百音と未知(蒔田彩珠)の探偵ごっこ風。その結果、ふたりは意外なことを知る。それは亜哉子の恋ではなく、父・耕治(内野聖陽)の忘れられない恋の真実であった。恋を知らない主人公が、親たちの複雑に絡み合った恋を覗き見るシチュエーションは、潮騒のように心をざわつかせる。

『おかえりモネ』第36回 りょーちん(永瀬廉)の母への思慕の情が溢れ嗚咽を漏らす繊細な感情表現が見事
写真提供/NHK

菅波との関係は進展せず

「気象であなたの暮らしを守ります」
朝岡(西島秀俊)の所属する会社ウェザーエキスパーツのホームページに書いてある文言を見て、やっぱり気象予報士の仕事に惹かれる百音。3度目の試験を2週間(正確には13日)後に控えた年末、菅波から記憶力向上にいいとプレゼントされたものは意外なものだった。

第35回では「どうして毎週戻るんですか? 登米にずっといたっていいのに。先生は必ず東京に戻る。東京ってそんなにすごいところですか」とじとっとした感じで菅波に聞いていた百音だが、第36回では菅波に縄跳びをもらって、ムードも何もない。帰りがけ、「あ」と思い出して、スローモーションで百音に歩み寄って……とそれっぽく見せながら落とすというアンチ・キュン・ストーリーであった。

森林組合の事務所の中庭は1年前の年末よりもキラキラが増えて、かわいい雪だるまのライトも飾られて、雪も多くなく少なくもなく降って、いい感じになりそうなのに。このシチュエーション、もしや、森林組合の人たちが百音たちのために一生懸命、準備していたのかもしれない。窓の中から全員集合(サヤカも含む)で見ていて、翔洋(浜野謙太)はスマホのムービーを回していたが、期待したキュン展開にならず、みんながっかり。

縄跳びが体力にも脳にもいいから毎日3分跳ぶといいと言われ、「毎日跳びます」と百音が微笑んだあと、BUMP OF CHICKEN主題歌「なないろ」の<やみくもにも信じたよ>の歌詞がかかって、縄跳びが受験に有効であることを百音がやみくみにも信じたのだろうと想像した。

この記事の画像

「『おかえりモネ』第36回 りょーちん(永瀬廉)の母への思慕の情が溢れ嗚咽を漏らす繊細な感情表現が見事」の画像1 「『おかえりモネ』第36回 りょーちん(永瀬廉)の母への思慕の情が溢れ嗚咽を漏らす繊細な感情表現が見事」の画像2 「『おかえりモネ』第36回 りょーちん(永瀬廉)の母への思慕の情が溢れ嗚咽を漏らす繊細な感情表現が見事」の画像3
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る

おかえりモネ

おかえりモネ

NHK「連続テレビ小説」第104作目の作品。宮城県気仙沼市の離島・亀島で育った清原果耶演じるヒロインの永浦百音が、気象予報を通じて幸せな「未来」を届ける希望の物語。2021年5月17日~10月29日放送。

お買いものリンク