review

『おかえりモネ』悲しい記憶以前のりょーちんと父母、永浦家と及川家の楽しい交流描く37回

『おかえりモネ』第8週「それでも海は」

第37回〈7月6日(火)放送 作:安達奈緒子、演出:桑野智宏〉

※本文にネタバレを含みます

※『おかえりモネ』第38回のレビューを更新しましたら、Twitterでお知らせします


時は遡って2010年。百音(清原果耶)の幼なじみ・及川亮(永瀬廉)父・新次(浅野忠信)母・美波(坂井真紀)の思い出が蘇る。永浦家と及川家の楽しい交流。新次が造った立派な漁船が大漁旗に彩られて最高に高まったあの日――。

【レビュー一覧】『おかえりモネ』のあらすじ・感想(レビュー)を毎話更新(第1回〜第37回掲載中)

2016年 仮設住宅

亜哉子(鈴木京香)の浮気疑惑の真相は、アルコール依存症にかかっている新次を心配して病院に付き添いしていたのだった。

病院帰りに仮設住宅まで送り、家の片付けなどもする亜哉子。新次の古いガラケーを持つ手がかすかに震えるのは、依存症の名残か、心の震えか。

殺風景な仮設住宅の、亮の机の前には、百音たちと参加した北限のゆず祭りでの吹奏楽演奏会の写真。高校の卒業演奏会は震災で中止になったし、亮にとって最高に楽しかった記憶はゆず祭りで止まっているのがわかって、胸が痛くなる。

2010年 永浦家

いまは牡蠣に生まれ変わってナレーションをしている雅代(竹下景子)がまだ元気だった頃、永浦家と及川家は仲良く交流していた。

『おかえりモネ』悲しい記憶以前のりょーちんと父母、永浦家と及川家の楽しい交流描く37回
写真提供/NHK

耕治(内野聖陽)と新次と美波は幼なじみ。耕治が美波を好きで、美波は新次が好きで……という三角関係。けっきょく、耕治はぐいぐい来た亜哉子と結婚、美波は新次を待ち続けた結果、結婚。いまでは2組がわだかまりなく仲良くしている。4人をつなぐのが美波の屈託ない明るさだった。

船の計算をしている耕治と美波のほうがなんかお似合いに見える。内野聖陽と坂井真紀が並ぶとナチュラルな雰囲気が立ち上る。一方、浅野忠信は妙に凄みがあって、ホームドラマの枠組みに収まりきらず、鈴木京香は隙がなく身ぎれいにし過ぎていて、ホームドラマはホームドラマでも『オー!マイキー』化させる魔力がある。でもそれは、浅野演じる新次がスケールの大きな漁師であること、鈴木演じる亜哉子が仙台から嫁に来て、島では少し浮いている人物という設定にぴったりなのである。

美波のカラオケを満面の笑顔で左右に手を降りながら聞いている亜哉子の横で同じように手を降っている耕治は、ふっと百音に目をやる。形骸的な動作のなかにちょっと違う動作を入れることで、心が見えて彼自身も印象に残るうえ、主役の百音も引き立つ。

それぞれの個性の面白さといえば、美波がカラオケを歌っているときの、子どもたちの表情も。百音は初めて聞くように驚いた顔をしていて、未知はなんだかうっとり聞いている。亮は口は悪いが基本にこにこ笑顔でその場をやり過ごす性格なのだろうなあという感じ。それぞれ役の性格の違いがよく出ている。

この記事の画像

「『おかえりモネ』悲しい記憶以前のりょーちんと父母、永浦家と及川家の楽しい交流描く37回」の画像1 「『おかえりモネ』悲しい記憶以前のりょーちんと父母、永浦家と及川家の楽しい交流描く37回」の画像2 「『おかえりモネ』悲しい記憶以前のりょーちんと父母、永浦家と及川家の楽しい交流描く37回」の画像3
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る

おかえりモネ

おかえりモネ

NHK「連続テレビ小説」第104作目の作品。宮城県気仙沼市の離島・亀島で育った清原果耶演じるヒロインの永浦百音が、気象予報を通じて幸せな「未来」を届ける希望の物語。2021年5月17日~10月29日放送。

お買いものリンク