『おかえりモネ』第8週「それでも海は」

第39回〈7月8日(木)放送 作:安達奈緒子、演出:桑野智宏〉

『おかえりモネ』第39回「立ち直らない」宣言の壮絶さ。だが、そういう人がいてもいい
イラスト/AYAMI
※本文にネタバレを含みます

※『おかえりモネ』第40回のレビューを更新しましたら、Twitterでお知らせします


新次(浅野忠信)は、息子で漁師のあとを継いだ亮(永瀬廉)がメカジキ50本あげて喜ぶ。その一方で、行方不明の妻・美波(坂井真紀)と一緒に息子の成長を喜べないと嘆く。「俺は立ち直らねえよ」という言葉がずしりと重かった。
そんな彼を、耕治(内野聖陽)亜哉子(鈴木京香)は支えていこうとする。

【レビュー一覧】『おかえりモネ』のあらすじ・感想(レビュー)を毎話更新(第1回〜第39回掲載中)

亮がメカジキ50本

朝ドラの前作『おちょやん』に続いて、愛する妻を失くしてから酒浸りになって働かなくなる父親像が描かれている。朝ドラでは尊敬できない父親がよく出てくるのだが、「モネ」では耕治が勤勉で子ども想いで明るいというわりと理想の父親なので、その分、新次が従来の困った“父”を担っている。とはいえこれが洒落にならない。
ただのにぎやかしの困ったお父さんではなく、真剣な問題を抱えている。

『おちょやん』のお父さん(テルヲ)は妻を失くして人生激変な部分よりは酒浸りで子どもを借金のかたに売り渡す、主人公にとってまがまがしい厄災そのものであったことと比べ、新次は真の厄災の被害者であり、立ち直れるのか否かという問題が描かれている。だから、どんなに酒びたりでも新次が忌々しくてたまらないとは視聴者は思わないし、それどころか応援したい気持ちになる。

亀島の及川家は随分と海辺に近いところにあって、震災によっていまは更地になってしまっている。そこに座って海を眺めながら、ぐびぐびチューハイのロング缶を飲んで美波の残した留守電を聞いている新次。

耕治に発見され永岡家につれてこられた新次は「5年って長いですか?」と問いかける。彼にとって5年は立ち直るに足る時間ではなかった。それを突きつけられて永岡家の居間の空気は沈む。ところが新次はふいにメカジキ50本をあげた亮の成長を感じてすごく嬉しかったと言いだすので、耕治や亜哉子の表情は少し和らぐ。

嬉しくてはめを外してしまったのかなと思ったら――その後、すぐにその喜びを言い合える相手(美波)がいないとめそめそ泣き出してたちまち空気はしゅっと縮こまる。「モネ」にはこういうことがよくあって、喜・怒・哀・楽と感情がシンプルに切り分けられない。めちゃめちゃ自信家で輝いていた新次が嘘のように迷子になった子どものようにめそめそ泣いている。その感情は裏と表でもない。喜哀がくっついて互いの感情に侵食していっている滲み。その重なった感情をどう言葉にしていいかわからない。人の心の神秘である。

『おかえりモネ』第39回「立ち直らない」宣言の壮絶さ。だが、そういう人がいてもいい
写真提供/NHK

立ち直らない宣言

新次を心配して駆けつけてきた亮。庭から窓ガラス越しに父の本音を聞いて、我慢できずに部屋に飛び込んで来て「よっしゃ一曲歌うが」と言い出す。「誕生日まだだから酒も飲めないし、一曲歌わせてもらってもいいでしょ」と、母と共に喜べないからせめて母がいつも歌っていた歌で哀しさと喜びを発散しようとするのだ。

「親父!」「親父!」と叫んでも新次はめそめそ泣き続ける。「俺は歌なんかでごまかされねえからよ」と頑なに「俺は立ち直らねえよ。絶対に立ち直らねえよ」と意地を張る。

この記事の画像

「『おかえりモネ』第39回「立ち直らない」宣言の壮絶さ。だが、そういう人がいてもいい」の画像1 「『おかえりモネ』第39回「立ち直らない」宣言の壮絶さ。だが、そういう人がいてもいい」の画像2 「『おかえりモネ』第39回「立ち直らない」宣言の壮絶さ。だが、そういう人がいてもいい」の画像3