review

『おかえりモネ』の演技で納得、永瀬廉がジャニーズの若手エースである理由

『おかえりモネ』第8週「それでも海は」

第40回〈7月9日(金)放送 作:安達奈緒子、演出:桑野智宏〉

※本文にネタバレを含みます

※『おかえりモネ』第41回のレビューを更新しましたら、Twitterでお知らせします


「過去に縛られたまんまでなんになるよ。こっから先の未来まで壊されてたまるかっつうの! 俺らは俺らの好き勝手やって生きていく」

【レビュー一覧】『おかえりモネ』のあらすじ・感想(レビュー)を毎話更新(第1回〜第40回掲載中)

百音(清原果耶)の幼なじみの亮(永瀬廉)の溜まっていた感情が爆発した。震災で多くのものを失った亮と父・新次(浅野忠信)に焦点の当たるエピソードだったこともあり、『おかえりモネ』のあとの情報番組『あさイチ』に亮を演じる永瀬廉(King & Prince)がゲスト出演。「モネ」のエピソードをたくさん披露した。

亮は見た目もスマートで性格もスマート。女性には常に紳士的に振る舞っている。だからモテそう。でも少しだけ屈折したところがある。まずは本音を隠すのだ。でも隠しきれずにすぐ本音を吐露する。例えば、新次と揉めた日(第39回)、百音の家に泊まり、朝、縁側で百音と語り合ったときも「足元が揺れてないのが逆に気持ち悪い」と言うなり、すぐに「嘘」と笑った。それがまた女性にはキュンとなる。

素直過ぎてもつまらないし、本音を隠し続けられても翻弄される。本音と嘘を見せてくれるから距離感を間違えずに済む。

亮の本音は漁師の仕事になかなか慣れない。父も含め漁師はガサツで、それが亮にはちょっと苦手のようである。「でもさ、海は嫌いになれないんだわ」「海に恨みはない」。漁師として生きていく覚悟はしている。それでもネガティブな気持ちがあることは否めない。

『おかえりモネ』の演技で納得、永瀬廉がジャニーズの若手エースである理由
写真提供/NHK

亮はいつも口角をちょっとあげて微笑んでいるように見える。おそらく、意識的に笑って感じよくしているのだろう。場の空気を悪くしないように笑っていることが習慣になっている。努めて明るくスマートに振る舞っているのがわかるからこそちょっと哀しく見える。でも、本音をちゃんとすぐ漏らすから、まだそこまで屈折の度数は深くない。

亮のかすかな屈折を永瀬廉は的確な測量で演じているが、完成度が高い角度が目に鋭く刺さって近寄りがたく見えないように、鋭角をふわりと薄い布で覆っているような空気を放つ。その塩梅がトータルで完璧なところがさすがジャニーズの若手エースだと感じる。

「俺らが前を向くしかないんだ」

亮も交えて、幼なじみの仲間たちが百音の部屋でまた人生ゲームをやりながら、今後の進路の話をする。

東京に出る明日美(恒松祐里)、地元に残る悠人(高田彪我)三生(前田航基)の話を聞いて、急に感極まって「過去に縛られたまんまでなんになるよ。こっから先の未来まで壊されてたまるかっつうの! 俺らは俺らの好き勝手やって生きていく」と叫ぶ。「前」を「向くしかないんだ」の言葉が粒立って胸に響いた。

震災を体験してからいろいろ考えて、立ち止まってしまっている子どもたちの姿を見て、亜哉子(鈴木京香)は百音と未知に「好きなことしなさいね」と語りかける。

この記事の画像

「『おかえりモネ』の演技で納得、永瀬廉がジャニーズの若手エースである理由」の画像1 「『おかえりモネ』の演技で納得、永瀬廉がジャニーズの若手エースである理由」の画像2 「『おかえりモネ』の演技で納得、永瀬廉がジャニーズの若手エースである理由」の画像3
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る

おかえりモネ

おかえりモネ

NHK「連続テレビ小説」第104作目の作品。宮城県気仙沼市の離島・亀島で育った清原果耶演じるヒロインの永浦百音が、気象予報を通じて幸せな「未来」を届ける希望の物語。2021年5月17日~10月29日放送。

お買いものリンク