review

月9『ナイト・ドクター』が浮き彫りにした現代日本の問題点と『おかえりモネ』との共通点

※本文にはネタバレがあります

※エキレビ!を更新しましたら、ツイッターにてお知らせしています

月9『ナイト・ドクター』が浮き彫りにした現代日本の問題点と『おかえりモネ』との共通点
イラスト/AYAMI

5人それぞれの道へ『ナイト・ドクター』最終回

『ナイト・ドクター』(フジテレビ系 月曜よる9時〜)最終回。第10話の終わり、ようやく軌道に乗り始めたナイト・ドクターだが、解散が決定したと本郷(沢村一樹)の不穏な発言があった。それは後ろ向きな解散ではなく、前向きな解散。ナイト・ドクター制度を全国に広げるために、5人を各地に一人ひとり派遣する提案がされる。せっかくチームワークがよくなってきたというのに……と5人は心の整理ができない。それでも変わらず夜は来る。

【前話レビュー】『ナイト・ドクター』これまでで最もカタルシスのあった第10話 いよいよ次回最終回!

やけに事故が多い夜。本郷は成瀬(田中圭)に病院内での指揮を任せて、ふらりとどこかにいってしまう。朝倉(波瑠)、深澤(岸優太)、高岡(岡崎紗絵)はそれぞれ事故現場に赴く。

病院に残った桜庭(北村匠海)は院内のトイレで容態が急変した患者を発見する。病院にも仕事中に突然倒れた患者が運ばれてくる。みんなこんな夜中に働いている人たちである。

ゴミ処理場の作業、列車の点検、エスカレーター整備、水道管工事……。列車の下敷きになったり、コンベアに足をはさまれたり、エスカレータから転落したり……それぞれかなりヘヴィーな状況をたったひとりで乗り切っていく。第1話の頃の彼らと比べたらずいぶんたくましくなった。

深澤は成瀬の電話アドバイスを聞きながら処置を行い、被害者の右足を切断することになる。その時の外野のうるささったらない。被害者の同僚で心配しているわけだが、現場を離れてもらうことはできないのだろうか。

彼らをきっと見る深澤。「彼に生きていてほしいと思うなら黙っていてください!」と毅然と言って、切断の処置を進めるのだった。この外野の中に見た顔がいると思ったら、前田旺志郎。彼が演じる被害者の同僚が、救急車で病院に運ばれるとき同乗し、ごみ処理場は嫌われるがいつか素敵な場所になることを夢見て働いていたことを深澤に伝える。

朝倉は列車の下敷きになった人の手を握り続ける。ここで主題歌。それはそれで素敵な話なのだが、「それだと患者さんがもたない」と患者のいる前で不安を煽る言葉を発するところはいかがなものか。脚本の問題だが。あとで「絶対に助けますからね、 頑張りましょう」と声をかけるということは重体でも耳は聞こえているかもしれないわけで、マイナスな言葉は患者の前で絶対に発してはいけないのではないだろうか。

といってここだけいきなり心の声になったらおかしいから説明しないと話が進まないのだが、ここをなんとかポジティブに言い換えることはできないものだろうか。そう思うと「絶対にもたせる」「絶対に助ける」みたいな根拠ない強気な言葉もギリギリの現場においてはひたすら前向きな言葉を発し続けるべきだと思えてくる。

どこにいたってひとりじゃない

3人は現場での処置を終えて病院に戻ると、そのまま淡々と粛々と仕事を続ける。なんとか落ち着いた時、朝倉は屋上に上がり、空を見上げて黄昏る。黄昏時はとっくに終わって、これから来るのは暁であるが。

そこに5人が集まって、今回の体験によって「私たち以外にもいるんだよね、夜に働く人たちは」ということに気づいたことを語り合う。ゴミ処理場、線路、エスカレーター、水道管工事……と今回一気に登場した、 昼夜問わず働いて、でも決して目立つことのない裏方的な仕事をしている人たち。

『ナイト・ドクター』では第1話からずっとホームレスだとか生活保護だとかそういう社会の問題と医療を結びつけてきた。朝倉たちナイト・ドクターは現代日本で注視するべき問題の象徴なのである。月9ドラマがこういう人たちを主人公に据えるようになったことが隔世の感である。

バブルでお金に困ってなくて広い部屋に住んで高価な服やバッグや時計を身につけ、毎晩美味しい店に集まって飲み食いして、恋に浮かれていた主人公たちは何処へ……。そういう人たちはテレビ局のえらい人になってしまったか、もう辞めてしまったか。いまは貧しくなった日本で、未来に希望がもてず、それでも諦めることはなく堅実に生きている若者たちを主人公にドラマが作られる。

ばらばらになることは不安だったが、「べつに俺はどこにいたってひとりじゃない」と思い直す桜庭。こうして5人、一人ひとり各地で働こうと決めた時、朝焼けが彼らの体を染めていく。「この当たり前にあるはずの毎朝をきっと守ることなんだ」と朝倉がつぶやいた時、よる9時41分。これがラストシーンでもいいくらいだが、まだ10分ほどある。

『おかえりモネ』との共通点

そこから1カ月後。それぞれの地域で働き始めた5人がグループ通話している。あさひ海浜病院では本郷が医療支援ワーカーの設置や下り搬送などを取り入れていく提案をしている。下り坂搬送の担当として、この数回、やたらと熱心に患者の搬送を朝倉に依頼してきていた星崎(泉澤祐希)を雇うことになる。まさに働き方改革、若者たちの労働環境が改善されていく予感に満ちたいい感じの終わり方である。


あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

ナイト・ドクター

ナイト・ドクター

波瑠主演。夜間救急専門の「ナイト・ドクター」結成のために集められた、年齢も性格も価値観も異なる医師たちと共に、夜は命に、昼はそれぞれの人生に向き合いながら絆を紡いでいく“青春群像医療ドラマ”。フジテレビにて、l2021年6月21日~放送中。

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク