大型スポーツクーペの世界的トレンドはコレに尽きる、VOLVOクーペも「ロングノーズ・ショートデッキ」

大型スポーツクーペの世界的トレンドはコレに尽きる、VOLVOクーペも「ロングノーズ・ショートデッキ」
       

 ボルボは日本国内のマーケットで1990年代にエステート(ステーションワゴン)を武器に認知度を上げたブランド。そのころから、エステートはVで表し上級ワゴンを「V70」などと称してラインアップを構成した。一方でセダンは「S70」という表記だった。その後の2000年代半ばに“70”シリーズは北米市場を意識して大型化、加えて日本における「ステーションワゴン・ブーム」の沈静化で、ボルボはシェアを落とす。


 しかし、2013年2月に日本に上陸した新型V40が、ボルボの起爆剤となった。ルボの車種を表す“V”とは、従来ならステーションワゴン。が、新型V40は5ドアHB車。欧州でもっとも競争が苛烈なCセグメントに投入したボルボの意欲作なのだ。まさに、ヨーロッパのコンパクトプレミアムと呼ばれるゾーン目掛けて投入し、新しい「ボルボ・デザイン」が大成功を収めている。


 そのボルボが、43回東京モーターショーで公開した「ボルボ・コンセプト・クーペ」がエレガントで大人な好印象、静かな話題になっている。このクーペは、同社のデザイン担当副社長トーマス・インゲンラート氏による最初の作品で、このあとに発表されるクーペとはまったく異なるセグメントのSUVである「新型ボルボXC90」に繋がるデザインだという。


 ボルボ・コンセプト・クーペのスタイリングの特徴は、「フロントタイヤはAピラーから遠くに位置し、グリーンハウスは小さく後方に置き、極端にリアオーバーハングが短い」ことだ。同じようなフレーズで表現したモデルがいくつかTMSに出品されている。たとえば、「ジャガーFタイプ・クーペ」、そして「メルセデスSクラスクーペ」などだ。もう少し広義で捉えると「レクサスRC」も同じ傾向でデザインされている。


あわせて読みたい

エコノミックニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2013年11月30日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。