生命保険の未払いが20億円 高齢化で「未請求」多発

生命保険の未払いが20億円 高齢化で「未請求」多発
       

 生命保険各社が昨年から今年にかけて行った調査で、衝撃の事実が判明した。本来支払うべき未払いの保険金が計約20億円もあったことが確認されたのだ。


 保険業界では、支払いを不当に拒む不払いが2005年に社会問題となり、行政処分を受けるまでに発展した。しかし今回あらわになったのは、保険金の請求自体がなされていないパターンだ。


 その原因は主に「受取人が死亡しているケース」と「受取人が保険加入を知らないケース」の2つで、高齢化が背景にある。契約者自身が高齢で寝たきりになったり、認知症になったりして保険会社の担当者との連絡が途絶えるケースもある。


 太陽生命保険<8795>は昨年の7月から自宅訪問や電話による調査を始めたが、約60万人いる70歳以上の契約者のうち約9万人と連絡がつかなかった。富国生命も70歳以上の契約者や被保険者約12万7000人を対象に調査したが、連絡がとれない人は約1600人に上った。


 「20億円」は各社が調査で把握できた未払い額で、大半は契約者を追いかけて既に支払い済み。しかしほとんどの保険会社は調査の対象を90歳以上としているため、まだ顕在化していない未払い金があることが予想される。


 生命保険は、請求しない限り保険金や給付金が支払われることはない。その請求手続きは保険会社に連絡することから始まる。その後送られてきた保険請求書に保険証券や被保険者の住民票、受取人の戸籍抄本など必要書類を添えて返送する。そのため受取人となる家族は、最低でも保険会社名だけは知っておく必要がある。そして保険の「時効」は3年で、これを過ぎてしまうと保険金を受取る権利が消滅してしまうので注意が必要だ。


当時の記事を読む

エコノミックニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年12月20日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。