お盆期間の航空各社予約状況、予約率、前年比ともに3割台。空もコロナ自粛ムード

お盆期間の航空各社予約状況、予約率、前年比ともに3割台。空もコロナ自粛ムード
拡大する(全1枚)

 日本の夏休みと言えばお盆を中心にして日程が組まれることが普通で、お盆休みなどとも呼ばれる。今年2020年は8月7日から8月16日ごろである。滅多にとれない長期休暇の為お盆休みに海外旅行へ行く者も少なくないが、多くはふるさとに帰省する者が多い。


 このため例年交通機関の帰省ラッシュとUターンラッシュが話題となる。今年の帰省ラッシュのピークは、お盆休み初日の8月13日、Uターンラッシュのピークは8月15日および16日と予想されている。しかし、現在、新型コロナウイルス感染症が流行しており、今年は海外旅行や帰省をする者は激減しそうだ。例年なら今頃は既に帰省・Uターンラッシュ時の新幹線や旅客機の予約は一杯になっているはずだが今年は未だ航空機の予約も3~4割台という低さのようだ。


 3日にJALグループやANAなど航空各社がお盆期間(8月7日~16日)の予約状況を発表しているが、各社とも国内線・国際線の予約状況は未だに低水準だ。


 JALグループの国内線、JAL、J-AIR、HAC、JTA、RAC、JAC各社合計の状況を見ると、提供座席数は112万2851席で前年比79.0%となっている。このうち総予約数43万7751人で前年比は38.8%、予約率39.0%という低水準だ。国際線はさらに低く、提供座席数3万1994席、前年比は10.3%。総予約数は8459人で前年比3.1%、予約率は26.4%と激減である。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

エコノミックニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

経済ニュースランキング

経済ランキングをもっと見る
お買いものリンク