ホンダ、北京モーターショーでEVのSUV量産モデルを示唆するコンセプト発表

ホンダ、北京モーターショーでEVのSUV量産モデルを示唆するコンセプト発表
       

 ホンダは、中国・北京で開催中の2020年「北京モーターショー」において、中国で初となるホンダブランド電気自動車(EV)の将来の量産方向性を示すコンセプトモデル「Honda SUV e:concept(ホンダ・エスユーブイ・イーコンセプト)」を世界初公開した。


 なお、北京ショー、正式名称「第16回北京国際汽車展覧会」は、プレスデーが9月26日~27日、トレードデーが9月28日~29日、一般公開日が9月30日~10月5日となっているモーターショーで、各国の自動車関連イベントがコロナ禍の影響で中止になるなか、唯一開催された大規模なモーターショーである。中国政府が自慢気にコメントしたように、今年最大級のモーターショーだといえる。


 ホンダは、このe:conceptのほかに四輪ブースで、中国ホンダとして初となるプラグインハイブリッド搭載モデル「CR-V PHEV」をはじめ、電動化モデルを中心とした各種量産車や、中国で年内の実証実験開始を予定している次世代の安全運転支援システム「全方位ADAS」(Advanced Driver Assistance System)の技術訴求展示などを出展した。


 同社は、グローバル2030年ビジョンに基づき、将来に向けたコンセプトを具現化することで、カーボンフリーや事故ゼロ社会の実現を加速させるとしている。


 Honda SUV e:conceptは、中国で初となるホンダブランドEVの将来の量産方向性を示すコンセプトモデルだ。次世代の「Honda SENSING(ホンダ センシング)」として、認識・予測・判断性能を向上させた安全運転支援システム「全方位ADAS」の搭載や、先進のコネクティビティによるAIアシストインターフェースやスマホ連携、無線ネットワークによるアップデート機能を備えた次世代の「Honda CONNECT」により、常に新鮮でFUNに溢れるモビリティ価値を提供する量産車を目指して開発を進めている。


当時の記事を読む

エコノミックニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年9月29日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。