復活に向けて進み始めた自動車産業。電装化に貢献する日本の電源ICに世界も期待

復活に向けて進み始めた自動車産業。電装化に貢献する日本の電源ICに世界も期待
       

 2020年上半期、世界中の自動車産業が新型コロナウイルス感染拡大によって生産台数の減少を余儀なくされ、大きな影響を受けた。下半期に入ってから少しずつ回復の兆しを見せてはいるものの、本格的に需要が戻ってくるのは、まだまだ時間がかかりそうだ。


 そんな中、自動車産業復活にむけて大きな期待がかかるのが、先進運転支援システム(ADAS)と自動運転システムだ。富士キメラ総研が3月に発表したレポートによると、車載電装システムの世界市場は2030年には2018年比で約2倍となる48兆9120億円に成長すると見込んでいる。その内、ADASシステムは同比で2.5倍となる1兆3037億円、自動運転システムにいたっては同比464.9倍の2兆2781億円と、それぞれ大幅に拡大すると見られていた。当然、それ以降の新型コロナの席巻を考えると、数値自体は見直す必要があるだろう。しかし、それでも今後の自動車産業を牽引する分野であることには間違いない。


 その証拠に、最新の自動車の運転席に座ると、電子ミラーや液晶クラスター、フロントガラスに投影されるHUD(ヘッドアップディスプレイ)、手元のタッチパッドや大型ディスプレイによるカーインフォテインメントなど、目に映る範囲だけでも電装化が急速に進んでいるのがよく分かる。まるで20世紀の人々がSF映画の中で思い描いた未来の車そのものだ。


 しかし、自動車の電装化やシステムの発展に伴って新たな課題も生まれている。電装部品が増えるということは、それだけ車内で消費される電力が増えるということだ。ところが、自動車のバッテリと発電機から供給できる電力量は限られている。バッテリや発電機自体の性能も向上しているとはいえ、限界がある。今後、ADASや自動運転システムがさらなる発展を遂げて普及していくためには、電装部品それぞれの消費電力をできるだけ抑える必要がある。


あわせて読みたい

エコノミックニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月25日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。