消える居酒屋。大手チェーンのみで1000店超の減少。唐揚げ専門店など他業態に移転ケースも

消える居酒屋。大手チェーンのみで1000店超の減少。唐揚げ専門店など他業態に移転ケースも
拡大する(全1枚)

 「チェーン展開する大手居酒屋の店舗撤退が止まらない」。市場調査業の大手、東京商工リサーチがコロナ禍1年での大手居酒屋チェーンの店舗撤退状況のレポートを公表した。コロナ以前より飲食業界は深刻な人手不足の状況が長く続いており、店舗オペレーションも円滑に行えない状況であった。そこに2020年初頭からの新型コロナ感染症の影響で、一転、客足を失う深刻な状況に陥った。飲食業の中でも主に酒類を提供する居酒屋・バーへの痛手は他の飲食業態よりはるかに大きなものであることは容易に想像がつくが、コロナ禍で居酒屋チェーンの持続的な店舗撤退が続いているようだ。


 7月8日に公表された東京商工リサーチの「大手居酒屋チェーン店舗数調査」の結果レポートによれば、居酒屋・バーを運営する上場主要14社の21年3月末における店舗数は合計6152店、新型コロナ流行前の19年12月末は7200店であったので、コロナ禍1年余で1048店減少したことになり、率にすると14.5%の大幅な減少だ。減少の推移を見ると、19年末に7200店であったものが昨年4月の1回目の緊急事態宣言解除後の6月末には6646店と554店舗、7.6%の大幅な減少となっており、早期のこの時期に一気に撤退が進んでいる。その後は、9月末には6479店、12月末は6323店、21年3月には6152店と四半期ごとに100~200店のペースで閉店が続いている状況だ。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

エコノミックニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「新型コロナ」に関する記事

「新型コロナ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「新型コロナ」の記事

次に読みたい「新型コロナ」の記事をもっと見る

経済ニュースランキング

経済ランキングをもっと見る
お買いものリンク