ドラマ『准教授・高槻彰良の推察』松本若菜が語る「実は私“幸が薄いキャラ”なんですよ」

ドラマ『准教授・高槻彰良の推察』松本若菜が語る「実は私“幸が薄いキャラ”なんですよ」
拡大する(全1枚)
完全記憶力を持つ民俗学の准教授・高槻彰良(伊野尾慧/ Hey! Say! JUMP)と、人の嘘がわかる大学生・深町尚哉(神宮寺勇太/ King & Prince)の凸凹バディによる謎解きミステリー、オトナの土ドラ『東海テレビ×WOWOW共同製作連続ドラマ 准教授・高槻彰良の推察 Season1』。

【写真】美しくも影のある図書館職員・雪村桃子を演じた松本若菜、ドラマ『准教授・高槻彰良の推察』場面カット【3点】

先週土曜放送の第5話「呪われた部屋の怪」では、何度引っ越しても怪異に遭う声優志望の女性の役を、元「モーニング娘。」の鞘師里保が好演。謎が解明されるクライマックスの約10分間、予想のナナメ上を行く展開に「講義がきれいな伏線になってる!」「今までにない新しいジャンルを確立しているのでは…!」と視聴者を虜にしている。

明後日放送の第6話では「図書館のマリエさん」と呼ばれる暗号解読型の珍しい呪いが登場。その呪いのせいで事故に遭いかけたという女子中学生・美弥(横溝菜帆)と、その親友・柚香(平澤宏々路)の話を聞いた高槻たちは、謎を解くため図書館へ。そこで美しくも影のある図書館職員・雪村桃子(松本若菜)に会う。雪村のその影はどこから来ているのか?そして高槻は暗号を解き、美弥の呪いは解けるのか…気になる第6話の放送を前に、雪村役を演じた松本若菜に役どころや撮影エピソードを聞いてみた。

    *     *     *
編集部おすすめ

当時の記事を読む

伊野尾慧のプロフィールを見る
エンタメNEXTの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「伊野尾慧」に関する記事

「伊野尾慧」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「伊野尾慧」の記事

次に読みたい「伊野尾慧」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク