雑誌カバーを席巻、HKT48田中美久がグラビアを語る「脳内の“みくりんおじさん”が妄想モードに」
拡大する(全1枚)
今年、結成10周年を迎えたHKT48。12月1日には2ndアルバム『アウトスタンディング』が発売される。今回、最新シングルでセンターを務め、写真集の売上も好調な田中美久を直撃取材。アイドルのグラビアが大好きだという彼女が語る、脳内に住んでいるという「みくりんおじさん」の存在とは?

【写真】グラビア界を席巻中のHKT48センター田中美久

20歳の誕生日となる9月12日に初の写真集をリリースして話題を集めたHKT48・田中美久。発売前から増刷を重ね、彼女の名前をもじった「3万9000部」を軽々とオーバーするヒット作となった。

現在、まさにグラビア業界を席捲している田中美久だが、じつは彼女の活動を支えてくれている大きな存在がいる、という。

「あぁ、みくりんおじさんのことですか。たしかにそうかもしれませんね、うふふふ」

そう「みくりんおじさん」。

これは彼女の脳内に潜んでいる別人格(?)のことで、特にアイドルのグラビアを語るときには前面に出てきてしまう不思議な存在なのだ。

雑誌『月刊エンタメ』(徳間書店)では田中美久がHKT48のメンバーと対談する連載企画が長きに渡って継続中だが、だいたい対談のラストには「みくりんおじさん」が登場し、そのメンバーのグラビアを撮るとしたら、どうやってプロデュースをするか? という妄想モードに突入する。同期など親しいメンバーには「普段から撮りたいと思っているから、それをそのまま話しているだけですよ」となるが、あまり交流がない後輩が相手であっても、その場で「こういう衣装がいい、こういうシチュエーションで撮りたい」と瞬時にプロデュースしてしまうのだから、たいしたものだ。