元お天気キャスター・貴島明日香、写真集で見せた素顔とお酒愛「飲酒グラビアは写真集だからこそ」
拡大する(全1枚)
2017年から今年4月に卒業するまでの5年間、『ZIP!』(日本テレビ)のお天気キャスターとして愛されてきた貴島明日香。今回、4月25日に2年間かけて撮影した1st写真集『あすかしき。』(小学館)を発売した彼女に、写真集に込めた想いと『ZIP!』出演を通しての変化を聞いた。(前後編の前編)

【写真】透明感にじむ、貴島明日香の撮りおろしカット【15点】

──1st写真集『あすかしき。』では中村さんほか、レスリー・キーさん、田口まきさんという3名のカメラマンが約2年間という時間をかけて撮影を担当しています。貴島さんにとって初めてのグラビア挑戦になった『週刊ビッグコミックスピリッツ』のアザーカットも収録されていますが、初めてグラビアのオファーを聞いたときはどう思いましたか?

貴島 率直に「私でいいのかな?」って思いました。ずっとモデル業をやっていたので、撮られることには慣れていたんですけど、グラビアとは縁遠かったですからね。沖縄での撮影当日もすごく緊張していたので、今見ると初々しさ、ぎこちなさがあるなと感じます。

──初グラビアはどういう心構えで臨みましたか?

貴島 モデル業はキメキメな感じで撮るので、自然体でいるにはどうしたらいいんだろうと思って、メイクさんとたくさん話して、リラックスするように意識して臨んだ記憶があります。カメラマンの中村和孝さんも、私が緊張しているのを分かってくれていたので、話しながら撮っていただいて、安心して身を委ねられることができました。