「ありがとう、ただいま」AKB48が劇場公演を再開、初日は向井地美音と岡田奈々の「ソーシャルディスタンス公演」

「ありがとう、ただいま」AKB48が劇場公演を再開、初日は向井地美音と岡田奈々の「ソーシャルディスタンス公演」
AKB48が13日(土)、約2カ月半ぶりに劇場公演を再開した。

【写真】約2カ月半ぶりの公演、向井地美音と岡田奈々、盟友2人による公演の模様

新型コロナウイルスの影響により、3月31日にAKB48劇場で行った無観客での配信公演「AKB48 とかけまして○○ととく、チーム対抗大喜利対決」以降劇場公演を休止していたAKB48。4月15日からは「OUC48プロジェクト」を発足し、秋葉原の劇場を”おうち”に移して、様々な「おうち公演」を届けいてた。

約2カ月半ぶりとなる無観客、配信限定での「ソーシャルディスタンス公演」、初日を飾ったのは、AKB48 グループ総監督の向井地美音と岡田奈々のふた2人だった。「なぁおん ソーシャルディスタンス公演」は、向井地と岡田がリモート会議を重ね、"long distance "をテーマに「遠く離れていても気持ちが伝わりますように」という、ファンへの想いが込められたセットリストとなった。

19時、overtureが流れると、2人がステージに登場。『遠距離ポスター』で幕を開けた。向井地は「久しぶりの劇場公演で、正直すごく緊張しています。こんなに緊張したのは初めてかもしれない」と語り、岡田は「ソーシャルディスタンスを保ちながら楽しむことが目標です」とコメント。

ソロパートでは、向井地が『Pioneer』を力強くパフォーマンス。バックダンサーとして初めて劇場に立った思い出の曲『片思いの対角線』や、AKB48グループセンター試験選抜でセンターになった『君は僕の風』など4曲を披露した。一方岡田は、向井地に所縁のある『だらしない愛し方』『I’m crying』『誰が私を泣かせた?』の3曲を披露。また、『この涙を君に捧ぐ』では、曲間で「みなさんいつも応援ありがとうございます。この状況が、まだまだ続くとは思いますが、一緒に乗り越えていきましょう!」とファンへの感謝の気持ちを伝えた。

あわせて読みたい

エンタメNEXTの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「NMB48」のニュース

次に読みたい関連記事「NMB48」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「欅坂46」のニュース

次に読みたい関連記事「欅坂46」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「NGT48」のニュース

次に読みたい関連記事「NGT48」のニュースをもっと見る

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年6月13日の芸能総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。