FINEPLAY編集部がアクションスポーツの魅力をDig! 「スケートボード」の歴史や種目を復習、注目選手をPick up

FINEPLAY編集部がアクションスポーツの魅力をDig! 「スケートボード」の歴史や種目を復習、注目選手をPick up
       

東京オリンピックへ向けて注目度が高まるアーバンスポーツ、アクションスポーツの魅力をFINEPLAY編集部がDig。今回は「スケートボード 」の歴史や種目、世界で戦う注目選手を紹介する。
世界で戦うスケーターも近年では増えてきており、東京オリンピックでのメダル獲得も期待されている日本。「スケートボード 」観戦をもっと面白くするために、ルールや注目選手を今一度おさらいしてみよう。
FINEPLAYフォトグラファーが切り取った、スケーター達のスタイル溢れるフォトも多数掲載、お見逃しなく。

「スケートボード 」の歴史

「スケートボード」の始まりには諸説ある。一説には、木製の板(デッキ)に鉄などのウィール(車輪)をつけて滑ったことが「スケートボード」の始まりだという。

1950年代にはゴム製の車輪がついた「ローラーサーフィン」という商品が発売されて人気を集めるようになり、大会も開催されるようになっていく。
1970年代には素材も車輪がウレタン製のものになり、ベアリングを搭載。デッキもベニアを重ね婉曲がついたものとなり、現在の「スケートボード」とほぼ同じ形となる。これによりスムーズな動きと多様なトリックが可能となった。この頃、「スケートボード」は日本にも上陸したとされる。

1980年代まではスケートパークでの滑走が主流であった「スケートボード 」だが、相次ぐスケートパークの閉鎖により、スケーター達は滑ることができる場所を求めて街中で滑るようになる。これが現代の「ストリート」種目に繋がっていった。
さらに「スケートボード 」にとって大きな転機となった出来事としてはVHSの普及が挙げられる。それまで写真でしか見られなかったトリックを動画で見ることができるようになり、「スケートボード」のレベルが格段に上がったのもこの時期だ。

1985年には日本でも大きな大会が開かれるようになり、スケートボードが加速度的に普及していく。そして1990年代には、ストリートカルチャーの隆盛に伴って「スケートボード 」の認知度は大きな高まりを見せ、再び流行の兆しを見せる。
2015年9月には「スケートボード」が正式にオリンピック種目に決定。現在では世界で活躍する日本人選手も多数存在している。


あわせて読みたい

FINEPLAYの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年5月3日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。