東宝---大幅反発、第1四半期大幅増益決算を高評価

東宝は大幅反発。前日に第1四半期決算を発表、営業利益は105億円で前年同期比3.8倍の水準となっている。通期計画320億円、前期比42.6%増に対して好調なスタートに。映画営業事業では3月8日公開「シン・エヴァンゲリオン劇場版」、4月16日公開「名探偵コナン 緋色の弾丸」が大ヒットを記録したほか、映像事業も大幅増益になっている。高い進捗率からも通期業績の上振れが想定される状況となっているようだ。

当時の記事を読む

Fiscoの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク