[注目トピックス 日本株]カドカワ Research Memo(1):2021年3月期は市場環境の変化に対応した成長基盤の構築を目指す

       
*15:41JST カドカワ Research Memo(1):2021年3月期は市場環境の変化に対応した成長基盤の構築を目指す
■要約

KADOKAWAは、出版事業、映像・ゲーム事業、Webサービス事業等をグローバルに展開する総合エンターテインメント企業で、日本最大級の動画サービス「niconico」を運営する(株)ドワンゴやゲーム開発会社の(株)フロム・ソフトウェア、(株)スパイク・チュンソフトなどを傘下に持つ事業持株会社である。

1. 2020年3月期の業績概要
2020年3月期の連結業績は、売上高が前期比1.9%減の204,653百万円と微減収となったものの、営業利益は同198.7%増の8,087百万円と大幅増益となった。売上高については子会社だった(株)MAGES.が連結対象から外れた影響で約4,700百万円の減収要因となっており、同要因を除けば0.4%増収であった。また、営業利益については前期に事業構造改革を実施したドワンゴの収益が大きく改善したことが主要な増益要因となっている。なお、営業利益で会社計画(10,000百万円)の下振れ要因は、主に新型コロナウイルス感染症拡大(以下、新型コロナウイルス)の影響によるもので、2020年3月に公開した映画「Fukushima 50」の興行収入が計画を下回ったほか、イベントの中止やアニメ製作の延期によるメディアミックス作品の出荷延期等で、合計1,600百万円の下振れ要因となった。

あわせて読みたい

Fiscoの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月16日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。