【今日の一冊】人工知能と銀行経営

【今日の一冊】人工知能と銀行経営
       


レビュー

金融とテクノロジーを掛け合わせた「FinTech(フィンテック)」に興味をお持ちの方にとって、ホットワードの「人工知能」と歴史の古い「銀行経営」を組み合わせた本書のタイトルは、少々おかしなものに感じられるかもしれない。現在の日本でFinTechの名で大きく取り上げられるのは、電子による決済や送金、あるいはロボアドバイザーによる資産運用仮想通貨、はたまたソーシャルレンディングやクラウドファンディングなど、目新しいサービスや事業に関するものが多いからだ。
本書は、自らを「金融宮大工」と称し、金融機関向けに最新鋭のITサービスを提供する企業の経営者層が、共同執筆したものである。5名の執筆者はいずれも、金融・信用リスクにまつわるIT・システム事業を営んでいる。彼らは、事業性資金の貸出先に関する財務情報・属性情報・信用情報や、デフォルト(債務不履行)時のリスクといった情報を、会員金融機関に向けて提供している。
このような背景から、本書で取り上げられている「AI」は主として、金融機関から法人や個人の顧客へサービスを提供するにあたってどう活かしていくか、という方向性を主軸として語られる。
顧客に小規模事業者や個人が多い、地域の金融機関にお勤めの方や、銀行経営の将来像に興味をお持ちの方にお勧めしたい一冊だ。

本書の要点

・金融機関はもはや経済取引の中心ではない。デジタライゼーションが進む世界において覇権を握る者は、情報の製造元である「プラットフォーマー」だ。
・地域金融機関における一般個人層向けのサービスは、プラットフォーマーに浸食されることが想定される。デジタルプロセス・リエンジニアリング(DPR)を戦略実行しなければ、顧客基盤をプラットフォーマーに奪われる。
・金融商品は、今後ポイント制やキャッシュバック、商取引などとパッケージ化・一体化されたビジネスとなるだろう。



フライヤーでは、話題のビジネス・リベラルアーツの書籍を中心に毎日1冊、10分で読める要約を提供(年間365冊)しています。既に2,100タイトル以上の要約を公開中です。exciteニュースでは、「要約」の前の「レビュー」部分を掲載しています。

当時の記事を読む

flierの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「仮想通貨」に関する記事

「仮想通貨」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「仮想通貨」の記事

次に読みたい「仮想通貨」の記事をもっと見る

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年6月16日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。